【エントリーグレード】仮面ライダーセイバー レビュー

はい!それでは!
今回はエントリーグレード(ENTRY GRADE)より「仮面ライダーセイバー」のレビューです!

プラモデル初心者でも簡単に組むことが出来る入門キットのエントリグレードシリーズに、聖剣ソードドライバーとワンダーライドブックによって変身する仮面ライダーセイバーが登場しましたのでレビューしたいと思います!

組み立て説明書はカラーの物が付属します。

  • 登場作品 仮面ライダーセイバー
  • 販売年  2020年11月
  • 税込価格 1,100円

エントリーグレード「仮面ライダーセイバー」

パッケージと付属のシールはこちら。同じエントリーグレードのゼロワンよりパーツ数が増えて36パーツとなっているため、厚みの増した箱になっていました。

複雑な配色デザインのライダーなのでシールの量も多めで、マスク部分や各所のレッドのラインを再現する物などになります。

こちらが完成したエントリーグレード仮面ライダーセイバーになります。2020年から2021年にかけて放映されている最新ライダーで、こちらは基本フォームのブレイブドラゴンになります。こちらは付属のシールを貼り付けた素組の状態になります。

頭部をアップで。対象年齢3歳以上の入門キットということで、マスクの先端などはモッサリもさもさしていますが、複雑なマスクもリアルに再現されています。複眼部分はシールでの再現になりますが、上下が分割された物か、一体となった物の選択式になります。

こちらは上下分割タイプを貼った状態で、より立体的に仕上がるかと思います。

胴体部分をアップで。アシンメトリーで複雑なデザインですが、ある程度はパーツ分割で色分けされています。左半身のブラック部分のレッドラインはシールでの色分けになります。また右肩のドラゴンの瞳部分もシールでの再現になります。

変身ベルトの聖剣ソードドライバーもシールでの色分けになります。ワンダーライドブックも再現されています。

右半身のメイスケイルなども可動はしませんがリアルに再現されています。表面のグレー部分はシールでの色分けです。足首はブラック一色なので内側半分をホワイトで塗装する必要があります。

可動範囲など。ゼロワンと同じく肩と首、足首のボールジョイント接続部分が可動するのみになります。

フィギュアライズ系のキットやエントリーグレードのゼロワンと並べて。同じくらいの大きさになりますので、一緒に並べても違和感なさそうです。

【エントリーグレード】仮面ライダーゼロワン ライジングホッパー レビュー

付属品の武装、を持たせて。手首と一体型となった物が付属しています。表面の紋様はシールでの色分けになります。

適当にポージング。動くポイントがあまりないのでほぼ素立ちでディスプレイすることになりそうです。

本キットもニッパー不要のタッチゲート式で、簡単に組み立てられるようになっています。

以上、【エントリーグレード】仮面ライダーセイバーのレビューでした。

それではご安全に!

仮面ライダー系キットはこちら。

仮面ライダー系キット レビュー