【ULTIMAGEAR】千年パズル レビュー

はい!それでは!
今回はULTIMAGEARより「千年パズル」のレビューです!

漫画・アニメ遊戯王に登場する主人公武藤遊戯が8年かけて組み立てたという千年アイテムの一つ、千年パズルがプラモデルで立体化されましたのでレビューしたいと思います!

組み立て説明書はカラーの物が付属します。

  • 販売年  2021年08月
  • 税込価格 3,850円

ULTIMAGEAR「千年パズル」

パッケージはこちら。大き目のHGガンプラサイズの箱でした。パッケージイラストは加々美高浩氏による新規書下ろしの武藤遊戯のイラストになっています。シールなどは付属しませんでした。

本キットは千年パズルのプラモデルということですが、取扱説明書にはパズルのピースを組み立てる説明しかなく、肝心の千年パズルを組み立てる説明は一切無い仕様になっています。

まずはこちらの完成したピースから。ピースは全てで33個となっており、ほとんどが2~3個のパーツで構成されています。ランナーはA~Eまでの5枚ですが、ピースはそれぞれA①とA②など連番パーツ同士の組合せになっているので、ピースの組み立て自体は30分ほどで完了しました。

そしてこちらが完成した千年パズルです!

・・・千年パズルです。

・・・

 

パーツが2つ余ったぞ!!

千年パズル自体の組み立て説明は一切無いので、自力で組み立てる必要があります。

どうやら千年パズル内部のパーツを組み込んでいなかったようなので、せっかく組んだパズルを一旦バラします。ここまでの所要時間およそ1時間。

もう一度最後の1ピースをはめ込んで・・・

ようやく完成!!!11111!!!!!!11!!!!

やっぱり一つ余るぞ!!!1!!!!!!!!!!!!

どうしてもこいつの使い方が分かりませんでした。。。。

そしてこちらがようやく完成した千年パズルになります。先ほどの余ったパーツも何とか内部に収めることができました。完成まで、トータル2時間半くらいかかりました。パズルの組み立てには順序や向き、組んだ後に向きを変えるなどそれなりに工夫が必要になっています。すべてのピースを使用してしっかり組めば、パズルが空中分解することもありませんでした。

千年アイテムの特徴的なウジャト眼をアップで。これで自分も遊戯みたいにもう一人の人格が覚醒するぞ!!

以上、【ULTIMAGEAR】千年パズルのレビューでした!

それではご安全に!