【独り言】ニッパー買い換えました。

【境界戦機】アメインゴーストMk-Ⅱ【プレバン】レビュー

はい!それでは!
今回は境界戦機シリーズより「アメインゴーストMk-Ⅱ」のレビューです!

アニメ境界戦機より、謎の多い所属不明の完全自立思考AMAIMゴーストが、自力で機体を改造し作り上げた第二形態(マークツー)がプレバン限定で立体化されましたのでレビューしたいと思います!

組み立て説明書はカラーの専用の物が付属します。

  • 登場作品 境界戦機
  • 販売年  2022年04月
  • 税込価格 3,300円

パッケージ・付属品

パッケージはこちら。HG境界戦機シリーズでは初のプレバン限定キットになりますが、パッケージはフルカラーの一般販売と同じ仕様になっていました。組み立て説明書も、カラーの物が付属します。

シールは頭部の模様や両腕のクロー部を再現する物になります。

付属品はクラッキングワイヤー×6、サブアーム(開き手)×2になります。一般販売のアメインゴーストが流用されているため、後ろ脚のツメパーツが余剰となります。

レビュー

こちらが完成した【境界戦機】アメインゴーストMk-Ⅱ【プレバン】になります。アニメ境界戦機に登場する所属不明の謎のAMAIMで、ゴーストが自力で機体に改造を施した第二形態になります。ほとんどの部位で一般販売のアメインゴーストが流量されており、一部新規造形で再現されたキットになっています。こちらは素組みの状態です。

元キットとなったアメインゴーストと並べて。アシンメトリーだった頭部、右腕が左右対称なデザインになり、化け物感は減りましたが様々なトリッキーな武装を携えパワーアップした感はありますね。

【境界戦機】アメインゴースト レビュー

頭部をアップで。初代ゴーストにあったアンテナは無くなりスッキリした見た目に。メインカメラ部や後頭部はレッドのパーツで色分けされていますが、眉間部とあご部のレッドはシールでの色分けになります。

ボディはほぼ初代ゴーストからの流用になっていますが、ジョーハウンドからパクってた右腕は正規の腕になり、肩アーマーもジャミング機能を搭載したタイプに変更されています。

背中のサブアーム新規造形で再現され、左右とも差し替えなしで展開可能。基部はC字ジョイントと軸ピンの組合せでフレキシブルに動くようになっています。

先端の手首は握り手タイプで収納されていますが、差し替えで開いた手にすることができます。握り手は他キットの武装などを保持できるようになっています。

腕部は初代ゴーストからの流用でひじ関節はケンブなどと同じ構造。手首部はボールジョイント式になっています。

手首部にはクラッキングワイヤー射出口が造形されています。よく見たら初代ゴーストにも同じ物があったんですね。

クローも初代ゴーストと同様、赤色の第二関節が可動式になっており、開いたり閉じたりして表情をつけることができます。掌の〇部とクローのメタリックブルー部はシールでの色分け。

腰回りも初代ゴーストからの流用。放熱部で弱点のリアアーマー内側もしっかり造形されています。

脚部はぱっと見初代ゴーストと同じようなデザインですが、足首部分のアーマーが太くなり、後ろ脚のツメが前脚のツメと同じ大きさに大型化されていました。

アクション

アメインゴーストMk-Ⅱ起動!!

アメインゴーストMk-Ⅱで適当にポージング。可動感は初代アメインゴーストとほぼ同じですが、右腕が巨大化しサブアームも備わっているので、より強敵感のあるポージングが映えますね。

サブアームで武装を保持。握り手パーツを使えば、ブレイディハウンドなどのライフルやソードを保持させることができます。サブアームは脇下から前面に展開させることも可能。

敵機体を乗っ取ったり電撃攻撃をアースで逃がしたりと、いろいろ便利なクラッキングワイヤーを射出。ワイヤーはリード線で再現されており、30cmの物が2本付属しています。好みで10cmずつにカットして6本のクラッキングワイヤーを再現します。

ブレイディハウンドとブンドド。4体1の対人戦でも、終始北米同盟軍勢を圧倒できた模様。ソードも間違えてケンブのを持たせてしまったでござる。

【境界戦機】ブレイディハウンド レビュー

メイレスケンブと隠岐の島でラストバトル。いやぁ、まさかの主人公死亡エンドだなんて凄まじい最終回だったなぁ(すっとぼけ)

【境界戦機】メイレスケンブ レビュー

以上、【境界戦機】アメインゴーストMk-Ⅱ【プレバン】のレビューでした!

それではご安全に!