【?】なんで今更ファーストグレードガンダムの閲覧数が増えてるの?

【境界戦機】ブレイディフォックス レビュー

はい!それでは!
今回は境界戦機シリーズより「ブレイディフォックス」のレビューです!

アニメ境界戦機第二部より、北米同盟軍の運用する新型量産AMAIMでレーザー砲や大型シールドを有した「ブレイディフォックス」が登場しましたのでレビューしたいと思います!

組み立て説明書はカラーの専用の物が付属します。

  • 登場作品 境界戦機
  • 販売年  2022年06月
  • 税込価格 2,750円

パッケージ・付属品

パッケージと付属のシールはこちら。シールは頭部やレーザー砲のセンサー類を再現する物です。

付属品はレーザー砲、大型シールド、左右持ち手、左角度付き持ち手、無人機用頭部になります。

先に立体化されたブレイディハウンドが流用されているので、腕や頭部、脇のナイフマウント部などが余剰となります。

レビュー

こちらが完成した【境界戦機】ブレイディフォックスになります。アニメ「境界戦機」第二部より登場する北米同盟軍の新型量産機で、前主力機のブレイディハウンドから出力や機動性がアップした機体になっています。キットでも大部分がブレイディハウンドから流用されており、無人機と有人機の選択式となっています。こちらは素組みの状態です。

元になったブレイディハウンドと並べて。カラーリングが明るくなってぱっと見別物に見えますが、異なるのは頭部と腕だけという。

【境界戦機】ブレイディハウンド レビュー

頭部をアップで。こちらは有人機で頭頂部にクリアパーツのバイザーが備わっています。球体のメインカメラ部もクリアパーツになっており、内部にシールを貼って色分けできます。メインカメラはボール軸で少しだけ動かせます。

選択式で無人機を組むことも可能。バイザーがなくなりスッキリした見た目に。分解する必要がありますが、組み立て後も換装できました。

胴体や肩アーマーはブレイディハウンドの流用。肩関節のホバーユニットは引き出し式になっています。

腕部をアップで。ブレイディハウンドから変化した部位で、パープル部分が新規造形になっており大型化しています。新たにチェーンガンが装備されており、別パーツで再現されています。

左手にはレーザー砲両手持ち用に手首に角度が付いた物が付属しています。

腰回りもブレイディハウンドの流用。リアアーマーは駐機状態用に引き出せるようになっています。

脚部もブレイディハウンドと同じデザイン。ホワイトとパープルで明るい見た目になっていますが、パーツ分割でしっかり色分けされています。

アクション

駐機状態を再現。この辺りのギミックもブレイディハウンドと同じになります。

また別売りのストークキャリーとドッキングして輸送形態も再現できます。大型シールドは半分に折りたためます。

AMAIMドロップ。作戦行動開始。ブレイディフォックスは集団でのろのろ歩いてるイメージしかないぞい!

レーザー砲でブンドド。境界戦機の世界では珍しい光学兵器。センサーと銃口部はシールで色分できますが、下部のケーブルはグレーなどで塗装要です。

フォアグリップは可動式になっており、両手持ち出来るようになっています。

大型シールドで防御。ブレイディフォックス本体が丸々隠れるまではいきませんが、それでもかなりの大型な盾。上下のブロックに分かれており、中央で折りたためるようになっています。

グリップとシールドの接続部は軸式になっており、クルクル回したり角度を付けられるようになっています。

以上、【境界戦機】ブレイディフォックスのレビューでした!

それではご安全に!