【独り言】ニッパー買い換えました。

【境界戦機】ブレイディハウンド(ブラッド専用機) レビュー

はい!それでは!
今回は境界戦機シリーズより「ブレイディハウンド(ブラッド専用機)」のレビューです!

アニメ「境界戦機」より、北米同盟軍の指揮官ブラッド・ワット大尉の搭乗するブレイディハウンド(ブラッド専用機)が登場しましたのでレビューしたいと思います!

組み立て説明書はカラーの物が付属します。

  • 登場作品 境界戦機
  • 販売年  2022年03月
  • 税込価格 2,750円

境界戦機「ブレイディハウンド(ブラッド専用機)」

パッケージと付属のシールはこちら。一般量産機に続きブラッド・ワット大尉専用のチューン、カスタマイズが施されたブレイディハウンドも立体化されました。シールは一般量産機に頭部バイザー内のカメラセンサーを再現するシールが追加された物になります。

付属品はライフル、ソード×2、武器持ち手×2、駐機状態用頭部になります。一般量産機に付属していたナイフがソードに置き換わっています。

こちらが完成した【境界戦機】ブレイディハウンド(ブラッド専用機)になります。アニメ境界戦機に登場する北米同盟軍の運用する有人型カスタムAMAIMで、パイロットはミスターブシドー。ブラッド・ワット大尉の搭乗する指揮官専用機ということで、頭部、肩が一般量産機と異なるデザインの、青いカラーリングが特徴的な機体になっています。こちらは素組みの状態です。

頭部をアップで。一般量産機とは形状の異なる部位で、新たにアンテナとバイザーが取り付けられています。バイザーはクリアパーツでの再現。一般量産機と同じく頭部のメインカメラ部はシールでの再現で、差し替えで駐機状態にすることができます。

バイザー内にも新規造形のセンサーが備わっており、こちらもシールで再現することができます。

駐機状態のカメラの露出していない頭部もシールでの再現。

腕や胴体をぐるりと。ウルトラマンのジャミラっぽいデザインなのは一般量産機と変わらず。2色のブルー成形色ランナーが使用されています。

腕部も一般量産機と同じデザイン。左右の平手と武器持ち手が付属しています。

肩アーマーの形状は一般量産機から変更され、先端が翼型から取っ手型に変わりスッキリした見た目に。アーマー上部には一般量産機と同じく、別売りのストークキャリーとドッキングするスリットが造形されています。

腰や脚部の形状は一般量産機と変わらず。カラーリングが変更されたくらいです。

先に発売された一般量産型のブレイディハウンドと並べて。基本的にはこちらのカラバリキットで、頭部と肩、ソードが新規造形になっています。

【境界戦機】ブレイディハウンド レビュー

駐機状態に変形。一般機と同じく肩関節を収納してリアアーマーを展開し再現します。頭部も駐機状態の物に交換。

別売りのV-33 ストークキャリーでブラッド専用機を輸送。こちらも一般量産機と同じく、ストークキャリーに付属のジョイントを用いて輸送形態を再現できます。

【境界戦機】V-33 ストークキャリー レビュー

AMAIMドロップ。ゴースト鹵獲作戦開始!

ライフルでブンドド。こちらは一般量産機に付属している物と同形状の武装で、センサー部は2枚のシールで再現します。マガジンやグレネードランチャーは脱着式。

新規武装のソードを持たせて。一般量産機に付属していたナイフの代わりに付属しています。1パーツ構成のシンプルな形状で、同じ物が2本付属。改めて北米軍VSゴースト戦の回を観なおしたら二刀流はしてなくて、1本は味方に使われた挙句ゴーストにへし折られてたでござる。

一般機のブレイディハウンドと絡めて。プレバン限定ですが、アメインゴーストMk-2ももうすぐ立体化されるので一緒にブンドドしたいです。

いやぁまさか仮面の男の正体がブラッド大尉で、最終回でアモウくん達と共闘する熱い展開になるなんて予想外だったなぁ(白目)

以上、【境界戦機】ブレイディハウンド(ブラッド専用機)のレビューでした!

それではご安全に!