【お詫び】アクセス多寡でサイトが重くなっています。アイシスのチ〇コ目当ての人は画像が表示されるまで自分のを見ててください。

【境界戦機】メイレスレイキ レビュー

はい!それでは!
今回は境界戦機シリーズより「メイレスレイキ」のレビューです!

アニメ「境界戦機」より、レジスタンス「八咫烏」に所属する紫々部 シオンの搭乗するAMAIM(アメイン)メイレスレイキをレビューしたいと思います!

組み立て説明書はカラーの物が付属します。

  • 登場作品 境界戦機
  • 販売年  2021年12月
  • 税込価格 2,640円

境界戦機「メイレスレイキ」

パッケージと付属のシールはこちら。シールは肩関節のシリンダーと背中のスラスターはケンブなどと共通で、脚部のグレーやリアアーマーのホワイト部分を補う物も付属しています。

付属品は平手、武器持ち手、超熱振式薙刀、捕縛用電撃網発射機になります。銃持ち手は使用しませんが、好みで組むことができます。またCランナーがケンブやジョウガンと共通なので、二の腕パーツが余剰となります。

こちらが完成した【境界戦機】メイレスレイキになります。境界戦機に登場する日本人レジスタンス「八咫烏」の運用するAMAIMで、パイロットは紫々部 シオン。高い跳躍力と滑空飛行が可能な高性能AMAIMで薙刀をメイン武装として使用します。こちらは素組の状態です。

頭部をアップで。特徴的なひし形のメインカメラはクリアパーツでの再現。頭頂部のセンサーをシールで補うのみで、ホワイト部等パーツ分割で色分けされています。

胴体や肩関節のシリンダーなどケンブやジョウガンと共通のデザインですが、腕は飛行型機っぽく羽の付いたデザイン。腕関節の作りも共通で、二の腕、ひじ、手首部分で軸可動するようになっています。

肩関節部にはスライド機構があり、腕可動域を広げられるギミックが備わっています。

背中にはケンブやジョウガンと同じデザイン。本キットには付属していませんが、ケンブのウエポンラックを装着することができます。

フロント、リアスカートをアップで。特徴的な巨大なリアスカート表面の三角ホワイト部はシールでの色分けです。

リアスカートは展開して起動戦時形態に。空力性能を向上させる働きがあるようで、目立つ部分なので裏打ちパーツなどもリアルに再現されています。内側の小型スラスターも可動式になっています。

脚部は角ばったデザインで、関節構造などはケンブなどと同じようになっています。すねにあたる部分の一部をグレーのシールで色分けします。

超熱振式薙刀を装備。レイキ本体よりかなり長い武装で、中央で折りたたむことができます。

ビュンビュン飛び回り跳ね回る姫とアンジェロとレイキ。6話目でようやく登場して大暴れしたぞ!!

初登場にして撃墜スコア劇中1位になったシオンちゃん。あの世界で空をビュンビュン飛べるってなかなかチートな感じが。

捕縛用電撃網発射機を装備。オレンジのランナーで色分けされていますが、発射口部分はブラックなどで塗装が必要です。軸接続式で両腕に装備できます。

ケンブなどと同じ銃持ち手が付属しているので、他のキットから持ってくればライフルなどを装備することもできます。

八咫烏の運用するメイレスケンブ、メイレスジョウガンと並べて。ようやく主人公勢の3機が揃ったぞ!!

【境界戦機】メイレスケンブ レビュー【境界戦機】メイレスジョウガン レビュー【境界戦機】特大型装甲特殊運搬車 レビュー

パイロットの紫々部 シオン(姫)、AIのナユタ(アンジェロ)と一緒に。フィギュアライズスタンダードで立体化された、同時発売のキットです。

【Figure-rise Standard】紫々部 シオン レビュー

以上、【境界戦機】メイレスレイキのレビューでした!

それではご安全に!