【独り言】22万円のガンダムぽちった。むしゃくしゃしてやった、反省はしてない。

【御模道】ATKガール 錦衣衛装甲少女 JW-021 レビュー

はい!それでは!
今回はATKガールシリーズより「ATKガール 錦衣衛装甲少女 JW-021」のレビューです!

中国のプラモデルメーカー御模道(EASTERN MODEL)より、長刀・短刀を携え装甲を身にまとう美少女プラモデル、錦衣衛装甲少女 JW-021の中国本土仕様をレビューしたいと思います!

組み立て説明書はカラー冊子になっています。

  • 販売年  2022年01月
  • 税込価格 10,780円

ATKガール「ATKガール 錦衣衛装甲少女 JW-021」

パッケージと付属の水転写デカールはこちら。本キットは中国のプラモデルメーカー御模道(EASTERN MODEL)より販売されているATKガールシリーズの第9弾キットで、先月レビューした錦衣衛装甲少女 JW-059とコンビを組んで暗躍するサイボーグ少女になります。

またそれ以前に「JW-021 ユニバーサルカラーVer.」をレビューしていますが、そちらは説明書などが日本語訳されボーナスパーツなども付属した日本向けのキットでしたが、本キットは中国本土で販売されている物を童友社が輸入販売しているオリジナルキットになります。そのためボーナスパーツは省かれ、お値段も少々上がっています。説明書も中国語表記ですが、読めなくても組み立てる分にはあまり問題ありません。

ユニバーサルカラーVer.ではE-MODEL(イーモデル)名義となっていましたが、本キットは以前レビューしたATKガール四聖獣シリーズなどと同様、御模道になっていました。パッケージのイラスト自体はユニバーサルカラーVer.と同じくお尻を強調したエチエチデザインの物でした。

付属品は表情パーツ×3種、無地表情パーツ×3種、各種ハンドパーツ、長刀×3本、短刀×3本、バックパックAタイプ&Bタイプ、蜂の一刺し×2本、専用スタンドになります。スタンドはATKガール共通の接続部分が展開するタイプで、錦衣衛装甲少女シリーズのマーキングも印字されていました。

余剰パーツもユニバーサルカラーVer.と同じく、素体パーツが2体分付属しているのとATKガールのアラクネや四聖獣シリーズの素体が流用されているため、それらが余剰となります。またJW-059と共通ランナーがあるため、そちらのパーツも一部余剰となります。

こちらもユニバーサルカラーVer.にも付属していた「錦井衣衛大戦」〇×ゲームも付属していました。デフォルメされたJW-021ちゃん達が描かれおり、5つのマグネット式のコマを貼り付けて対戦します。

こちらが【御模道】ATKガール 錦衣衛装甲少女 JW-021の素体と武装状態になります。2体をまとめてぐるりと。このように他のATKガールシリーズ同様に共通部のランナーが2枚付属しているため、素体と武装状態を1キットで同時に作る事ができます。今回も素組みの状態です。

表情パーツは通常、叫び、ジト目の3種類が付属しており、どれもタンポ印刷済の物になっています。表情自体はユニバーサルカラーVer.と全く同じようで、さらにJW-059とも同じ物になります。ここはちょっとだけでも変更を加えてほしかったところ。。。

キットの内容自体はこれまでにレビューしたものと同じなので簡単にぐるりと。ユニバーサルカラーVer.付属のカタコトEXCITE日本語翻訳説明書によると、第3世代の量産型サイボーグをベースに改良された武装仕様の女の子だそうです。

脚部もハイヒールで超スレンダー体型に。肌色部分は胸元と太もものみで露出は控えめですが、それなりにエチエチだぞ!!

ユニバーサルカラーVer.のJW-021ちゃん素体と並べて。造形自体は全く同じもので、異なるのは胸元とソール裏のカラーリングのみになります。ユニバーサルカラーVer.はこちら。

【御模道】ATKガール 錦衣衛装甲少女 JW-021 ユニバーサルカラーVer. レビュー

さらに錦衣衛装甲少女 JW-059ちゃんの中国版素体と並べて。こちらに至ってはカラーリングも同じなため、キットは異なりますが全く同じものになっています。JW-059はこちら。

【御模道】ATKガール 錦衣衛装甲少女 JW-059 レビュー

武装状態

お次に武装状態単品でぐるりと。中国の明時代の禁衛軍の一つ錦衣衛がモチーフになっており、秘密警察、軍事組織の任を帯びていたそうです。JW-021ちゃんは特務機関暗殺部隊の隊長で、JW-059ちゃんとコンビを組んで活動しているとのことです。

以前レビューした、錦衣衛装甲少女 JW-021 ユニバーサルカラーVer.の武装状態と並べて。左がユニバーサルカラーVer.、右が本キットです。造形や付属品などは全く同じ内容で、カラーリングとボーナスパーツの有無が異なるくらいです。

【御模道】ATKガール 錦衣衛装甲少女 JW-021 ユニバーサルカラーVer. レビュー

頭部をぐるりと。錦衣衛軍の特徴的な鳥沙帽になっており、後頭部から伸びるひもは太いリード線で再現されています。ユニバーサルカラーVer.とは側面部分のレッドが異なります。キット自体は相変わらずのアンダーゲート地獄ですが、メッキパーツ部はアンダーゲートではないので、ゲート跡が少々目立つかと。

ユニバーサルカラーVer.のレビューで武装状態は表情パーツが交換し難いと書いてしまいましたが、鳥沙帽をまるまるパカっと取り外せるので、むしろATKガールシリーズキットの武装状態の中では交換しやすい部類に入りますね。

胴体をぐるりと。大部分のカラーリングがレッドになっており、ユニバーサルカラーVer.とはまた違った印象になっています。暗殺部隊に所属しているそうですが、結構目立つカラーリングだぞ!!

両腕には仕込み刀を装着。相変わらずポージングの際に背中の背負いものに干渉しまくります。

腰にはスカートパーツを装着。特にギミックは有りませんが、あるなしではシルエットががらりと変わる装備品で脱着可能式になっています。こちらもブラックとレッドの2色になっており、より立体的に見えるかと。

スカートパーツは少しだけ両サイドに広げることができます。

脚部は上半身以上にメカニカルなデザイン。脚部に大きなクリアパーツが集中しているので、ユニバーサルカラーVer.とのカラーリングの違いが分かりやすい部位です。フロントアーマーの前垂れ部分は布製パーツで再現されています。

パッケージのプリケツも再現ッ!!

Aタイプの武装「IMPERIAL GUARD SWORDS 百星」と「IMPERIAL GUARD SWORDS 百川」を装備。それぞれ2本ずつ付属しており、鞘などゴールドメッキパーツで再現されています。

長刀の「IMPERIAL GUARD SWORDS 百星」を持たせて。中国語表記の説明によると、対人の剣が硬い科学技術がなんとかとか(適当)。

短剣タイプの「IMPERIAL GUARD SWORDS 百川」を持たせて。こちらも2本付属しており、百星と合わせ合計4本をAタイプのバックパックに装備できます。

Bタイプのバックパックを装備。こちらはシンプルに長刀もしくは短刀を1本だけ装備するタイプになります。長刀は「IMPERIAL GUARD SWORDS 百煉」となっており、ユニバーサルカラーVer.の日本語訳説明によると「マグネティックエレクトロニクスバイブレーションによりあらゆる敵を一瞬にして薙ぎ払います。」となっていました。

サイドアーマーに仕込まれた蜂の一刺しで攻撃。細いリード線で再現します。

コンビのJW-059ちゃんと並べて。こちらはユニバーサルカラーVer.の前に中国本土版が先に日本で発売されています。近接と射撃で役割が分かれているみたいです。

【御模道】ATKガール 錦衣衛装甲少女 JW-059 レビュー

最後に本キットとユニバーサルカラーVer.の違いをまとめると・・・

①クリアパーツのカラー

ユニバーサルカラーVer.はパープル、中国版はオレンジ(ただしユニバーサルカラーVer.にはボーナスパーツとしてオレンジのクリアパーツも丸々付属)

②ボディのカラー

ユニバーサルカラーVer.はブラック、中国版はレッド

③お値段

ユニバーサルカラーVer.は8,580円、中国版は10,780円

違いは以上3点のみなので、購入を検討している人は値段を気にしないなら好みのカラーリングの方を選んだらいいと思いますよ!!

以上、【御模道】ATKガール 錦衣衛装甲少女 JW-021のレビューでした!

それではご安全に!