【お詫び】アクセス多寡でサイトが重くなっています。アイシスのチ〇コ目当ての人は画像が表示されるまで自分のを見ててください。

【NUKE MATRIX】雛蜂-B.E.E. 瑠璃 レビュー

はい!それでは!
今回はNUKE MATRIXより「雛蜂-B.E.E. 瑠璃」のレビューです!

中国のプラモデルメーカーNUKE MATRIX社製のプラモデルより、中国アニメ「雛蜂-B.E.E.」のメインヒロインである瑠璃が立体化されましたのでレビューしたいと思います!

組み立て説明書はカラー冊子になっています。

  • 販売年  2021年11月
  • 税込価格 10,780円

NUKE MATRIX「雛蜂-B.E.E. 瑠璃」

パッケージと付属のシールはこちら。本キットは中国漫画原作のアニメ「雛蜂-B.E.E.」のメインヒロインで第3世代サイボーグ少女という設定の「瑠璃」というキャラクターをプラモデル化した物になります。中国の「NUKE MATRIX」というメーカーにて立体化され、日本では御模道のキットも手掛けている童友社が輸入販売しています。(Amazonなどでも安く買えるみたいですが・・・。)

パッケージはエンボス加工が施された豪華仕様で、瑠璃のイラスト部分が浮き彫りになっています。箱を捨てるにはもったいない感が。

付属品は表情パーツ×3種、無地表情パーツ×3,各種ハンドパーツ、武装モード一式、重装型支援飛行機BEE一式、スティンガー、FN P90、シルバーイーグル×2、ハンターブレード×2,NT注射器になります。(武器の名称は説明書の英語名をそのまま訳してます)

また専用のクリアスタンドも付属しており、台座部にはBEEのロゴ?が印刷されたものになっています。スタンド支柱は角型で角度を固定しやすいタイプでした。

説明書にははっきりと余剰とは書かれていませんが、組み立てる中でこれらのパーツが余りました。触覚パーツは右目隠しの前髪が付属していなかったので、余ってしまいました。たぶん余剰パーツと思って良さそうです。

こちらが完成した【NUKE MATRIX】雛蜂-B.E.E. 瑠璃の素体になります。中国産の漫画「雛蜂-B.E.E.」に登場するメインヒロインで第3世代の尖兵という設定の16歳の女の子だそうです。漫画はアニメ化もされ日本でも配信されているそうです。自分は漫画もアニメも視聴していないのですが、説明書に漫画の一部が記載されており、ちょっと興味をそそられたりなんかも。

表情パーツは3種類付属しており、どれもタンポ印刷済の物になっています。このほか無地の表情パーツも3つ付属しているので、水転写デカールを使用して好みの表情を作ることができます。ヘアパーツはPVC製でかなりモッサリしており、表情パーツの交換もかなりし辛いです。

説明書では右目が隠れた前髪パーツも付属しているみたいに書かれているのですが、自分がヨドバシで購入した童友社販売の物には付属していませんでした。

お分かりいただけただろうか。この子、乳首が立ってます。

腕は蜂っぽくブラックとイエローを組み合わせたカラーリング。素体の構造自体はコトブキヤのメガミデバイスをパクったような物で、おかげで可動範囲もそれに準ずるものになっていました。手首パーツもPVC製でメガミデバイス等の日本製美少女プラモと互換があります。

背中にはスタンド用の軸穴があり、腰にも飛行ユニットのBEEを装着できる軸穴があります。

太ももだけ露出しているデザインは万国共通のようで、股関節の構造的にはATKガールのアラクネなどに近い感じです。この辺りもまんまメガミデバイスなので180度近く開脚できます。

脚部はすらっと細身のモデル体型。ソール部はハイヒールになっており、少々接地性が悪いです。

ハンドガンタイプの武装、シルバーイーグルを持たせて。デザートイーグルじゃなくてシルバーイーグル。中国語表記でも銀鷲って書かれているのが分かります。2丁付属しており、武装モード時のホルダーに装着できます。

ダガーナイフのハンターブレードも2本付属しており、こちらも同じくホルダーに収納されている状態にすることができます。ブレード部分をシルバーなどで塗装すると良さそうです。

武装状態

瑠璃ちゃんを武装モードにチェンジ。腕や脚部を交換し、バックパックと胸装甲を取り付けます。御模道製のプラモデルは1つのキットで素体と武装状態を別々に組めるようになっていましたが、本キットはメガミデバイスなどと同じく共通部分は1つだけなので、換装する必要があります。

ヘルメットをアップで。頭部を丸々交換して再現します。ゴーグルや触覚部分にはクリアスモークパーツが使用され、デザインも近未来的な感じでカッコいいかと。

乳首ビンビンだったバスト部はクリアパーツの装甲を被せた状態に。ブラジャーかな?

背中にはバックパックっぽいものを装着。こいつを取り付けるとスタンド用の軸穴がなくなってしまいます。

腕装甲も素体からよりごつくなり強化された感じに。手首の軸パーツはブラックの物を使用します。

脚部も太ももから下を丸々交換して再現。複雑な配色ですが、パーツ分割で色分けされています。太ももには銃のホルスターやナイフを装着できるようになっており、銃を2丁もしくはナイフを2本、銃とナイフ両方など好みで組み合わせを変えられます。

おそらくボーナスパーツ扱いかと思いますが、首元に装着できるファーも付属していました。ミツバチのような見た目になり、好みで装着できます。

サポートメカの重装型支援飛行機BEEをアップで。AIが搭載されているそうで、普段は瑠璃ちゃんの腰に装着されていますが単機でも行動できるそうです。蜂の尻尾のようなデザインで、翅やブースター、各種武装が搭載されています。

武装はミサイルタイプの「WARRIOR BEE」、ジャミングボムの「QUEEN BEE」、バルカンキャノンの「BUZZER」がそれぞれ2個ずつ付属しており、BEEの好きな個所に取り付けられるようになっています。

BEE単独で行動する際はこちらのセンサーユニットを取り付けます。

武装やセンサーユニットを取り外した状態で。蜂の尻尾っぽい見た目になり、シルエットも丸っこくなります。一応はこの中に先程のミサイルやジャミングボムなどが収納されているという設定のようです。

左右にはバーニアが備わっており、これのおかげでビュンビュン飛べるようです。ハッチは開閉式でクリアパーツ等も使用されています。アーム基部はボール軸になっています。本体下部にはスタンド穴があります。

小さい翅も造形されており、こちらはクリアパーツの上からホログラム加工がされたキラキラした見た目になっています。

作戦行動を開始する瑠璃ちゃん。BEEにしがみ付けるように取っ手も付いてます。

腰(お尻)にBEEを取り付けてブンドド。説明書に載ってた漫画のワンシーンでは結構アクロバティックな動きでP90を連射してました。付属のサブマシンガンFN P90は実際の銃がモチーフで造形もしっかりしていますが、グリップが独特故に付属のハンドパーツでは少々保持しにくいです。

ヘルメットスタイルでブンドド。後ろから見てもなかなかメカニカルでカッコいいぞ!!BEEを装備すると瑠璃ちゃん本体からはスタンド穴がなくなるのですが、BEE側にはあるので問題なくスタンドでディスプレイできます。

スナイパーライフルのスティンガーを持たせて。一応これが主武装のようで、蜂のように舞い蜂のように刺すとはまさにこの事。こいつを使って悪い奴らを懲らしめてるのかな?(小学校並みの考察)

スコープ部には厚みのあるジュエルシールが使用されており、マガジンは脱着可能になっています。

マズル部もサイレンサーと対装甲ライフルっぽい箱型の物の選択式になっています。ライフル本体はグレーとガンメタルの二色が使用されており、素組でもカッコよく見えます。

こちらも武装?の注射器をアップで。クリアパーツで再現されています。原作を知らないので用途が分からないのですが、多分花粉的なものをあれするのかと。(適当)

BEEに武装を取り付けて。一気にゴテゴテ感が増して攻撃力も上がった感が。取り付け場所は特に指定はなく、自由に取り付ける事ができます。

【NUKE MATRIX】雛蜂-B.E.E. 瑠璃のレビューでした!

それではご安全に!