【Figure-rise Standard Amplified】バットマン レビュー

はい!それでは!
今回はFigure-rise Standard Amplifiedより「バットマン」のレビューです!

DCコミックスヒーローの一人、BATMAN(バットマン)がキャラクターの魅力をさらに増幅するFigure-rise Standard Amplifiedシリーズより立体化されましたので、レビューしたいと思います!

組み立て説明書はカラーの物が付属します。

  • 登場作品 BATMAN
  • 販売年  2021年11月
  • 税込価格 4,950円

Figure-rise Standard Amplified「バットマン」

パッケージはこちら。長らくシルエットのみで商品情報がなかなか公開されなかったフィギュアライズアンプリファイド版バットマン。箱の大きさは大きめのHGガンプラと同じくらいで、本キットにシールは付属していませんでした。

付属品はバットラング用の持ち手のみになります。

関節パーツには「ユニバーサルジョイント」ランナーが使用されているため、ひざ関節などの細々したパーツが余剰となります。

こちらが完成した【Figure-rise Standard Amplified】バットマンになります。アメリカのコミック・ブック出版社、DCコミックスシリーズに登場するヒーローの一人で、日本でもスーパーマンなどに並んで有名なヒーローですね。プラモデルで立体化されるにあたり、かなりメカニカルなアレンジが加えられたデザインになっています。こちらは素組みの状態です。

気になる大きさですが、Figure-rise Standard Amplified(アンプリファイド)ということで、通常のフィギュアライズスタンダードのキットより頭二つ分くらい大きめになっていました。

頭部をアップで。ホワイトの目や口元が露出したマスクなど、パーツ分割でシールを使わずにリアルに再現されています。

胴体もメカニカルかつマッシブな作りで、情報量の多いデザイン。全体的にエッジが効いてます。

腕には肘と二の腕にロール軸があり、広い可動範囲となっています。ハンドパーツは右手のバットラング持ち手と穴開きの左右持ち手のみでした。

特徴的な黒い大きなマント。背中のユニットに装着されています。

マントを広げて。マントは4つのブロックに分かれており、それぞれ基部でボール軸可動するようになっています。

マントは大小左右計4枚付属しており、PP素材のマットな仕上がりに。中央付近に折り目を付けて組み立てます。

マントの裏側にも多数モールドが刻まれており、情報量が多く見栄えが良いと思います。

マントは背中の角軸に接続。見えなくなる部位ですが、背中もこれまたメカニカルなデザインでした。

脚部も巨体を支えるためマッシブなデザインに。ひざやダクトなど、細かく色分けされています。

可動範囲など。首関節は軸とボール軸の組合せで上を見上げる動きが得意でした。足回りの可動範囲も広く膝立ちも余裕で出来るのですが、腰回りが少々窮屈に感じました。

スタンドはお尻の部分にあるカバーを取り外して取り付けます。ガンプラなどの3ミリ軸ではないので、別途アクションベースなどが必要です。

バットマン飛翔。デカくて情報量の多いキットなので浮かせるだけでなかなかの迫力。

パンチやキックなどのポージングも楽々カッコよく決まります。

マントの大サイズの方は取り外して持ち手に持たせることができます。前腕にも接続しているので、保持力も良好です。

胸のバットラングは取り外し可能で、専用持ち手に持たせることができます。

バットラング投擲ポーズも可能です。

悪い奴らをぶっ飛ばすダークヒーロー、バットマン!

ダークナイトVSドラゴンナイト!戦わなければ生き残れない!!

最近何かと世間を騒がすジョーカーとブンドドするダークヒーロー、バットマン!!

日本のJKにファンサービスするダークヒーロー、バットマン!!

???「良い子の諸君!こんなレビューサイト見てる暇があったら寝た方がマシだな!!」

同じくDCコミックスのキャラクター、ワンダーウーマンと並べて。こちらはコトブキヤ製のキャラクタープラモになります。

【コトブキヤ】ワンダーウーマン Humikane Shimada Ver. レビュー

以上、【Figure-rise Standard Amplified】バットマンのレビューでした!

それではご安全に!