【Figure-rise Standard】アスナ レビュー

はい!それでは!

今回はFigure-rise Standardより「アスナ」のレビューです!

「ソードアート・オンライン」シリーズに登場するヒロイン、アスナが可動式プラモデルで立体化されたのでレビューしたいと思います!

  • 登場作品 ソードアート・オンライン
  • 販売年  2019年12月
  • 税込価格 3,300円

Figure-rise Standard「アスナ」

パッケージはこちら。一般的なガンプラと変わらないサイズです。

キットにはシールと水転写式デカールが同じ内容で付属します。

好きなほうを選んで組み立てます。

服飾の赤ラインなどを補う部分が多く、シール量は結構多めです。

フロントビューから。前述のとおり赤ラインをシールで再現できるので情報量は多めです。

自立もしっかりとできます。

肌色と髪の部分は半光沢、それ以外はつや消しトップコートで仕上げています。

リアとサイドビュー。腰のマント部分は3分割されており、ある程度可動の妨げにならないようになっています。

表情パーツは3つ付属します。

こちらはスタンダードなノーマル顔。シールだと眉毛が目立ちますね。

攻撃時などの突撃顔。口内はピンクのシールが付属するので、塗装しなくても自然な感じになります。

激おこぷんぷんムカ着火ファイヤー顔。頬などは塗装が必要です。

胸部のアーマーもシルバーの上からホワイトのシールを張ります。

表情パーツは前髪パーツを二つ外して差し替えます。

パーツの合いはちょうどよいテンションなので、簡単に差し替えできます。

上半身の可動範囲は広めですが、前髪パーツが結構干渉します。

左側の前髪パーツがポロリしやすいので注意です。

上半身は胸の部分で大きくひねることができます。

脚も可動範囲は広いのですが、スカートやマントなど干渉するものが多いので、動かしづらいです。

また、クリアースタンドと専用の接続パーツが付属します。

その他髪の部分は、三つ編み部分はボールジョイント接続で360度回転できます。

後ろ髪は三分割されており、前後に少しだけ可動します。

腰のマント部はボールジョイント接続のため、外すとこのような感じになります。

スカートパーツも後ろ以外はボールジョイントとなります。

ダイバーアヤメやダイバーナミなどの他のFigure-riseシリーズとは、股関節から太もも部分の構造が若干異なります。

肌色の太ももや二の腕パーツなどが余剰パーツとなるので、太ももなんかはモビルドールサラに無改造で移植できたりします。

(二の腕パーツは別途、肩関節が必要です)

写真では判りにくいですが、太ももの肌色部分は内側にレッドパーツを挟んでリアルな肌を再現しています。

モビルドールメイと背比べ。

身長はほぼ同じですが、メイのほうが小顔ですね。

【HGBD:R】モビルドールメイ レビュー

 

ここからは適当にポージング。

付属のFigure-rise Effect台座に載せてます。

専用武器のランベントライトは納刀状態を再現できます。

ランベントライトを抜刀!

納刀状態の柄の部分はシールでの色分けです。

ハンドパーツは武器握りてが右は二種、左手にも一種付属します。

ランベントライトはシルバーで塗装要です。

キマリスウィダールとブンドド。

ゾゴックとブンドド。

アスナの勝利。

ダイバーアヤメ(ガンダムベースカラー)とブンドド。

【ガンダムベース限定】ダイバーアヤメ [ガンダムベースカラー]&プチッガイセット レビュー

適当に何枚か。動かしていると、どうしても前髪パーツがぽろぽろ落ちてしまいます。

以上、Figure-rise Standardより「アスナ」のレビューでした!

それではご安全に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です