【Figure-rise Standard】仮面ライダー響鬼 レビュー

はい!それでは!
今回はFigure-rise Standardシリーズより「仮面ライダー響鬼」のレビューです!

平成仮面ライダーシリーズ第6作「仮面ライダー響鬼」がFigure-rise Standardにて特徴的なスーツの色味など、徹底的に再現されて立体化されましたのでレビューしたいと思います!

組み立て説明書はカラーの専用の物が付属します。

  • 登場作品 仮面ライダー響鬼
  • 販売年  2020年10月
  • 税込価格 3,740円

Figure-rise Standard「仮面ライダー響鬼」

パッケージはこちら。森の中、おそらく霊木を入手するため屋久島に訪れたときの響鬼さんのイラストが描かれています。

シールで色分けを補う箇所はまあまあ多めで、丸い部分に貼るものが多かったので貼り付け難易度が高かったです。

また腕部分のグラデーションや、手足のベルトリングのブラウンを補うマーキングシールも付属します。

こちらが完成したFigure-riseStandardシリーズの仮面ライダー響鬼になります。

劇中同様鍛え上げられたマッシブなプロポーションに、紫の独特なつやのあるスーツが再現されています。

こちらは付属のシールを張り付けただけの素組みの状態になります。

横や後ろから。「和」テイストのデザインがカッコいいライダーですね。

シールは多めですが、紫、レッド、シルバーとある程度はパーツ分けで配色は再現されています。

頭部と太ももを交換してプチ魔改造していますが、同時発売のフミナ先輩と並べて。

ガンダムシリーズのFigure-riseStandard女子達とほぼ同スケールのキットになります。

女の子たちばっかり組んでいたから、最初は頭がめっちゃ大きく見えたぞい!!

響鬼さんの頭部をアップで。

特徴的なフェイス部分は、先にパープルのシールを貼り、その上からクリアパーツやレッドのパーツを取り付ける方式になっていました。

角やレッドのモールド、額の鬼などもキッチリ別パーツで再現されていました。

胴体部分をアップで。腹筋が逆三角形で羨ましいぞ!!

ベルトの様な胸部分のシルバー部分も別パーツで再現されています。

前腕部分はレッドのパーツの上からグラデーションシールとシルバーのシールを張り付けて色分けを再現する仕様になっていました。

シールを貼るのが丸い箇所が多いキットなのですが、この腕部分のシルバーのシールもシワになりやすく難しい箇所だと思います。

手首はボールジョイント式で簡単に交換できるようになっています。

ベルトのバックル部分には「音撃鼓 火炎鼓」が装着されています。

こちらは取り外し可能で、別途巨大化した火炎鼓が付属しています。

こちらも丸いパーツにシールを張り付けて再現しています。

腰にはそれぞれ「変身音叉 音角」と「ディスクアニマル」3枚を装備しています。

音角は変身時の展開状態のものが別途付属していますが、ディスクアニマルは分離状態時などの物は付属していませんでした。

また音角とディスクアニマルの合体ギミックなども再現されていません。

腰には「音撃棒 烈火」を2本装備しています。左手用が「阿」右手用が「吽」で先端部分はそれぞれクリアパーツで再現されていますが、違いはちょっと分かり難いですね。

こちらもレッド一色で大部分をシールで色分けしますが、柄の部分はブラウンなどで塗装が必要です。

また音撃棒を取り外した状態のパーツも付属しています。

お尻の部分にはスタンド用の四角い穴が開いています。

脚部部分をアップで。太ももなどマッシブな造形になっていてカッコいいですね。

足首部分など小さ目ですが問題なく自立できます。

足首部分のベルト状のパーツはブラウンのマーキングシールを貼って色分けしています。

可動など。首関節は太い別パーツになっており、頭部も大きく動かすことができます。

胸と腰部分に可動軸があり、のけ反ったり前かがみになったりすることができます。

肩アーマー部分は跳ね上げ式で、可動の邪魔にならないようになっていました。

腕は水平以上に上げることができ、ひじは90度以上曲げることができます。

腰は大きくひねることができます。

股関節はボールジョイント式でハの字以上に開脚することができます。

膝立ちもきれいに決まります。

太もも部分にもロール軸があり外側に向けることができます。

付属品はこちら。ハンドパーツ各種、音撃棒烈火用エフェクトパーツ、変身音叉になります。

下のスタンドパーツは余剰扱いになります。

また「音撃鼓 火炎鼓」の巨大化した状態も再現されています。

こちらもゴールドのパーツの上からシルバー、レッド、ブラックのシールを張り付ける仕様で、表面が大きいので結構シワになりやすいですね。

スタンドも付属しています。

スタンドで簡単に高さを調節することができます。

タァッ!!変身!!・・・って響鬼さんは変身て言ってませんでしたね。

変身音叉は展開状態のものが付属し、専用のハンドパーツも付属しているので変身シールを再現できます。

キン!!キン!!

音撃棒烈火を装備!こちらもハンドパーツと一体型になっており、レッド一色なのでシールでの色分けになります。

先端部分の阿吽は腰の収納形態との使いまわしになります。

人差し指を輪っかに引っかけているのも再現されていますが、柄の部分はブラウンで塗装が必要ですね。

音撃棒烈火で攻撃!

鍛えている響鬼さんだからこそ使いこなせる武器なのかな。

ベルトの音撃鼓を取り外して・・・

音撃鼓火炎鼓でドンドコドーン!!

巨大魔化魍は火炎鼓で撃破していましたね。

音撃棒烈火用のエフェクトパーツを取り付けて攻撃!

音撃棒先端の阿吽クリアパーツを取り外し、代わりにこちらを取り付けます。

派手なエフェクトなのでめちゃくちゃカッコいいです。

ヨガフレイm・・・じゃなくて鬼火!!

口の部分がパカっと開いた状態のものは残念ながら付属していませんでした。

ライダーキック!

ディケイド最終回で見せたレアな蹴り技。

少年!鍛えてますから!

決めポーズ?のハンドパーツも付属しています。

鍛えてますから!(現在進行形)

まーるーでー透明になったーみーたいー

平成ライダーには珍しくエンディングテーマがありましたね。

そーれーがー君のーヒビキー!!

以上、Figure-riseStandard仮面ライダー響鬼のレビューでした!

それではご安全に!