【ガンダムベース限定】システムウェポンキット005 レビュー

はい!それでは!
今回もガンダムベース限定の1/144スケール対応キット、「システムウェポンキット005」のレビューです!

連邦系のガトリングとシールドがセットになった005がどのような内容なのか紹介したいと思います!

  • 販売年  2020年02月
  • 税込価格 880円

「システムウェポンキット005」

シリーズ第5弾のシステムウェポンキット005。

内容はジャイアント・ガトリングガン×1(オプションパーツ一式)、ロングシールド×1(オプションパーツ一式)、各種ハンドパーツとなります。

ラックは付属しないため001から拝借しています。

【ガンダムベース限定】システムウェポンキット001 レビュー

ランナーはA2とC1ランナーのいつも通りの2枚で、ブラックとダークグレーの構成になります。

ジャイント・ガトリングガンはこれまでのキット同様、細かく分解することができます。

銃身、本体、ストック、グリップ、エネルギーパックなどのパーツを組み合わせます。

まずはジャイント・ガトリングガンの通常タイプから。

上が本キットで下はペイルライダー(空間戦仕様)のガトリングガンになります。

形状はほぼ同じですが、システムウェポンキットの方が若干長いです。

【HGUC】ペイルライダー(空間戦仕様)【プレバン】レビュー

ペイルライダー(空間戦仕様)に持たせた状態。

ハンドパーツも本キットの物を使ってます。ペイルライダーにもしっかりと合います。

こちらは砲身の短いショートバレルタイプ。

取り回しのよさそうなタイプです。

グリップパーツもあるため、両手持ちもしっかりとできます。

ガトリングガンの中では小型なので、小柄なRX-78ガンダムにもよく合うと思います。

テルティウムに持たせているのはバイポッド装備タイプになります。

バイポッドとストックを装着したロングタイプです。

バイポッドは差し替え式で展開状態にできます。

大型の武装なので大きめのキットに合うかと思います。

 

ここからはロングシールドの紹介です。

シールドの基部パーツにクローやニードルなどの武装を取り付けていきます。

こちらは基本形態のロングシールドです。

左が本キットのロングシールドで右はRX-78ガンダムのシールドです。

大きさは同じになります。

ガンプラに装備するには、3ミリ軸を使用して腕に装着するか、代わりにグリップパーツを取り付けて手に持たせるかになります。

こちらは二例目のクロータイプ。

ロングシールドの先端パーツのみを差し替えるのでお手軽に換装できます。

RX-78ガンダムには3ミリ軸で腕に装着できますし、グリップパーツで手に持たせることもできます。

お次は三例目のニードルタイプ。ロングタイプのシールド裏にニードルパーツを装着したものです。

モビルドールメイさんに持たせてます。

テルティウムに襲い掛かるモビルドールメイさん。

ニードル部分は軸接続なので可動させることができます。

物騒なシールドを手に入れたモビルドールメイさん。

クロータイプとニードルタイプを組み合わせることもできます。

なんかのモビルアーマーのような形状になりますね。

ニードル部分は取り外し可能なので、代わりにビーム・サーベルを装着することもできたりします。

写真では百式のサーベルが4本あったので、百式の物を使用しました。

そして最後にジャイント・ガトリングガンとロングシールドは付属のパーツを用いて連結することもできます。

ジャイント・ガトリングガンがもう一つあったらユニコーンガンダムのガトリングシールドのようにできそうです。

以上、システムウェポンキット005のレビューでした!

それではご安全に!

【ガンダムベース限定】システムウェポンキット001 レビュー【ガンダムベース限定】システムウェポンキット002 レビュー【ガンダムベース限定】システムウェポンキット003 レビュー【ガンダムベース限定】システムウェポンキット004 レビュー【ガンダムベース限定】システムウェポンキット005 レビュー【ガンダムベース限定】システムウェポンキット006 レビュー【ガンダムベース限定】システムウェポンキット007 レビュー【ガンダムベース限定】システムウェポンキット008 レビュー【ガンダムベース限定】システムウェポンキット009 レビュー【ガンダムベース限定】システムウェポンキット010 レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です