【ハロプラ】ボールハロ レビュー

はい!それでは!
今回はハロプラシリーズより「ボールハロ」のレビューです!

ファーストガンダムに登場する地球連邦軍のボールをモチーフにしたハロプラで、キャノン砲やマニピュレーターなどが造形されたハロプラになっています!また合わせてガシャポンのカプキャラボールもレビューしたいと思います!

組み立て説明書はカラーの専用の物が付属します。

  • 登場作品 ガンダムビルドダイバーズ
  • 販売年  2018年10月
  • 税込価格 660円

ハロプラ「ボールハロ」

パッケージと付属品はこちら。旧キットを模したイラストのパッケージになっています。本キットにシールは付属していませんでした。

付属品は専用台座になります。余剰パーツですが、ポリキャップが一つ足りなくなるためか、手足パーツが余剰扱いとなっていました。他のキットからポリキャップを流用できれば、ボールカラーの通常ハロも再現できます。

こちらが完成したハロプラ ボールハロになります。ハロの頭にキャノン砲を、脚の部分にボールのマニピュレータハンドを取り付けたもので、かなりボールっぽくなっています。

ハロは口がパカっと開かない古いタイプのハロプラで、カラーリングもボールに近いライトブルーになっています。こちらは素組の状態になります。

マニピュレータハンドとキャノン砲は可動式でスイング可動できます。マニピュレータの先端は非可動式です。裏側はがっつり肉抜き穴が目立ちますが、パケ絵でも同じようになっているのでこれで正解っぽいですね。

元々足を接続する部分にマニピュレータユニットを取り付けています。

キャノン砲内部にはポリキャップが仕込まれているため、ガンプラなどの武装を先端に取り付けられるようになっています。

HGUCのボール ツインセットと並べて。マジモンのボールと同じくらいの大きさになっています。

【HGUC】ボール ツインセット レビュー

カプキャラボール2「ボール改修型」

こちらはハロプラとは全く関係ありませんが、カプキャラ ボール2ボール改修型になります。一回¥400で入手することができ、簡単な組み立て式のガシャポンになります。

シャークマウスや近接戦闘型などの種類がありますが、こちらは機体No.70のボール改修型になります。全5種になります。

コックピット部分はクリアパーツで再現されています。

ボール改修型ということで、マニピュレータハンドは上下2本式になっています。ハンド部分は可動しませんが、マニピュレータの付け根部分は可動します。

またキャノン砲もスイング可動します。

HGUCボールやボールハロと並べて。二回りほどデカいです。

地球連邦軍宇宙艦隊発進!!地球連邦軍驚異のメカニズム!

以上、【ハロプラ】ボールハロのレビューでした!

それではご安全に!