【独り言】22万円のガンダムぽちった。むしゃくしゃしてやった、反省はしてない。

【HGBF】チナッガイ レビュー

はい!それでは!
今回はHGBFシリーズより「チナッガイ」のレビューです!

ガンダムビルドファイターズに登場するコウサカ・チナベアッガイⅢを組み合わせたMS着ぐるみ少女ガンプラ、チナッガイをレビューしたいと思います!

組み立て説明書はカラーの専用の物が付属します。

  • 登場作品 ガンダムビルドファイターズ
  • 販売年  2017年07月
  • 税込価格 2,420円

パッケージ・付属品

パッケージと付属のシールはこちら。シールはチナちゃんの瞳やベアッガイⅢの瞳と鼻、メガネやカチューシャなどの色分けを再現する物になります。

付属品はチナメガネ、カチューシャ、腕パーツ、左右持ち手、専用スタンドになります。ランナーレススタンドの先端部が余剰となります。

レビュー(チナッガイ)

こちらが完成した【HGBF】チナッガイになります。ガンダムビルドファイターズの前期エンディング内に登場していた、コウサカ・チナベアッガイⅢをモチーフにしたMSコスプレになっています。後にビルドファイターズバトローグにも登場したみたいですね。全体的にベアッガイⅢの着ぐるみにメイド服を組み合わせたようなデザインになっています。こちらは素組の状態です。

HGBDシリーズのメイさんや30MSと並べて。HGBFシリーズでの立体化で、昨今のフィギュアライズなどの美少女プラモと比べるとやや大きめなキットになっています。

頭部はチナちゃんにベアッガイⅢの被り物を被せる方式。被り物は前後分割式になっており、頭と固定するピン等は無いのでちょっとグラつきます。チナちゃんの瞳はクリアパーツの上からシールを貼る方式と、上からクリアパーツを被せる方式とで選択できます。こちらはクリアパーツの上から貼って組み立てました。

ボディは黄色と白のフリフリメイド服衣装。首のリボンは軟質プラパーツになっています。肩のフリフリは軟質プラパーツになっています。

腕はベアッガイⅢの被り物を装着。先端には軸穴が開いており、ツメも造形されています。ツメはシールでの色分けです。

背中にはパックパックを装備。下部と側面にスタンド穴があります。

腰回りをアップで。前面のフリフリエプロンと腰の赤いリボンは軟質プラパーツ製になっています。リボンはボール軸になっています。

脚部は白いニーソにベアッガイⅢカラーのブーツを履いているようなデザイン。ブーツは筒型のパーツになっており、取り外し可能になっています。

アクション

チナッガイフル装備でブンドド。HGBFシリーズのキットでフィギュアライズなどと似た構造なのでそれなりに動きます。ただ表情は1種類だけなのでちょっと物足りないですね。

うん、表情固定なのがやっぱりシュール。

レビュー(キャストオフ)

チナッガイは頭部の被り物とベアッガイハンドを取り外して軽装状態にすることができます。頭部は取り外すだけで良いですが、ベアッガイハンドは通常タイプの腕と交換します。

頭部をアップで。アニメに登場するコウサカ・チナちゃんのヘアスタイルがリアルに再現されていると思います。こちらはベアッガイカチューシャと赤フレームのチナメガネを装着した状態。赤フレームのチナメガネはレンズ部分がなく、フレームは軟質プラパーツになっています。

カチューシャは耳の付いたベアッガイカチューシャと、アニメ内で着用していたチナカチューシャを好みで取り付けることができます。チナカチューシャはシールでピンクに色分けできますが、シールを貼らなかったら何もつけてないみたいになります。チナメガネもレンズのあるクリアパーツ仕様の物を装備できますが、レンズが分厚過ぎてちょっと違和感が。

腕は通常タイプの物を取り付け。ハンドパーツは平手と持ち手が付属しています。本キットに剣などの手に持たせるオプションは付属していないので、他のキットの物を持たせたりすると良さそうです。

キャストオフしたチナちゃんでポージング。ベアッガイⅢの着ぐるみコスから、メイド服コスしたただの女の子に。

説明書には記載がないのですが、腰や脚部の下半身回りのパーツはさらに取り外せるようになっていました。チナちゃん結構ガリガリ。

以上、【HGBF】チナッガイのレビューでした!

それではご安全に!