【独り言】22万円のガンダムぽちった。むしゃくしゃしてやった、反省はしてない。

【HGUC】メッサーF02型【プレバン】レビュー

はい!それでは!
今回はプレバン限定HGUCより「メッサーF02型」のレビューです!

映画「閃光のハサウェイ」より、リフティング・フレアが脚部に追加された反地球連邦政府組織マフティーの主力MSであるメッサーF02型が立体化されましたのでレビューしたいと思います!

組み立て説明書はモノクロの専用の物が付属します。

  • 登場作品 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
  • 販売年  2021年09月
  • 税込価格 3,190円

icon
icon
icon
icon

パッケージ・付属品

パッケージと付属のシールはこちら。一般販売のメッサーF01型とパーツ数はあまり変わらないのですが、大型キットのパッケージになっていました。シールはモノアイや動力ケーブルの付け根部、リフティング・フレアのひざ回りを補う物になります。

付属品はロング・ビーム・ライフル、ビーム・サーベル×2、シールド、右銃持ち手、左平手、指揮官機仕様頭部、スタンドジョイントになります。一般販売のメッサーF01型から新たに左平手が追加されています。右肩スパイクアーマーのスパイクが一つ余剰となります。

レビュー

こちらが完成した【HGUC】メッサーF02型になります。映画「閃光のハサウェイ」に登場する反地球連邦政府組織マフティーの主力MSであり、F02型ということで特徴的な脚部のリフティング・フレアが再現されています。キット自体は一般販売のメッサーF01型の流用でリフティング・フレアの他、新たに左平手パーツと指揮官機仕様頭部が追加されていました。こちらは素組みの状態です。

一般販売のメッサーF01型と並べて。部分塗装とつや消しを吹いてます。違いは脚部の形状と平手などの付属品になります。

【HGUC】メッサーF01型 レビュー【HGUC】メッサーF02型(指揮官機)【プレバン】レビュー

頭部をアップで。モノアイはシールで再現でき、予備含めて3枚付属します。口元の動力ケーブル付け根部分はイエローのシールで色分できます。また指揮官機用のアンテナ付き頭部も付属しており、選択式となっていますが組み立て後も交換できました。

胴体周りもF01型と同じデザインでキットもすべて流用。肩関節の引き出し構造や大きく前屈できる胴体関節も健在です。右肩にはスパイクアーマーが備わっています。

右肩にはスパイクアーマーを装備。腕周りもF01型と同じデザインになっています。

バックパックもF01型と同形状。丸型の独特なデザイン。

上下のカバーは開閉式になっています。

スタスター本体もスイング可動します。

腰回りもF01型と同じ装備。リアアーマーはアームで姿勢制御形態に可変します。

脚部をアップで。F02型とF01型の異なる部位で、こちらは新たにリフティング・フレアが取り付けられています。説明によると地上でのホバー走行継続時間が向上しているとのことで、ジオン系のドムやゲルググ等に似た形状になっています。ひざ周りのライトブラウンカラーをシールで補います。

リフティング・フレアは新規造形となっており、内側にはスラスター等も造形されています。

アクション

ロング・ビーム・ライフルとシールドを装備。

ギャルセゾンから降下するメッサー。テール・スタビライザーはアームで展開可動するようになっています。

着地からのホバリング。リフティング・フレアによって地上でのホバー走行継続時間が向上しているそうです。

ロング・ビーム・ライフルとシールドはメッサーF01型や指揮官機型と同じ物が付属します。

ビーム・サーベルはマスターグレードサイズの物が2本付属。グリップはシールド裏に2本収納するか、スパイクアーマー内に1本収納出来ます。

以上、【HGUC】メッサーF02型のレビューでした!

それではご安全に!