【HG THE ORIGIN】ジム・キャノン(ロケット・バズーカ装備)【プレバン】レビュー

はい!それでは!
今回はプレバン限定のHG THE ORIGIN「ジム・キャノン(ロケット・バズーカ装備)」のレビューです!

バルザック式380mmロケット・バズーカが新規造形で付属し、特徴的なブルー&ホワイト主体のカラーリングとなったジム・キャノンをレビューしたいと思います!

組み立て説明書は白黒の専用の物が付属します。

  • 登場作品 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD(Mobile Suit Discovery)
  • 販売年  2020年11月
  • 税込価格 2,530円

icon
iconicon

HG THE ORIGIN「ジム・キャノン(ロケット・バズーカ装備)」

パッケージはこちら。ブルー&ホワイトの鮮やかなカラーリングの機体なので、箱の方もブルー基調のモノクロの物になっていました。

シールはHGオリジンシリーズ共通のラインなどを再現できるマーキングシールと、コックピットや胸ダクト、連邦V字マークなどを再現できるシールが付属しています。

付属品はこちら。メイン武装のバルザック式380mmロケット・バズーカ、ビーム・スプレーガン、各種ハンドパーツになります。

ハンドパーツは左右分の銃持ち手が付属しています。

レッドのカラーリングのジム・キャノンが元キットになっており、色分けを再現するために肩や腕、ふくらはぎなどのパーツが余剰となります。

こちらが完成したジム・キャノン(ロケット・バズーカ装備)になります。

レッドのカラーリングだったジム・キャノンのカラバリ品で、新規にバルザック式380mmロケット・バズーカが付属しています。

部分塗装とスミ入れ、つや消しトップコートで仕上げています。

頭部をアップで。バイザーのクリアパーツを合わせて4パーツのシンプルな造形で再現されています。

額と後頭部のセンサーはシールでの色分けで、耳の部分には円形のナンバリングシールを貼っていますが、少々浮いてしまいます。

右肩にキャノンを装備している都合で、少々頭部の可動が制限されています。

胴体や腕部分をアップで。付属のマーキングシールはコーションマーク以外の物を貼ってみました。

胴体コックピットハッチのグレーと右胸ダクトのレッド部分はシールでの色分けになります。

関節構造などは他のオリジンシリーズのジムと変わりありませんでした。

バックパックのバーニアは金属色のゴールドとシルバーで塗装しています。

特徴的な右肩の360mmロケット砲をアップで。上下にスイング可動します。

ロケット砲に干渉するので頭部の可動範囲が少々狭めになっています。

腰や脚部をアップで。連邦V字マーク部分はV字と周りのホワイトがシールで再現されています。

アキレス腱の部分にはバーニアが造形されています。

メイン武装のバルザック式380mmロケット・バズーカを持たせて。本キットの売りで新規造形で立体化されています。

グリップ部分は可動式でスイングするので、ある程度自由に持たせることが出来ます。

両手分の銃持ち手が付属しているので、左右両方で持たせることが出来ます。センサー部分はシールが付属しています。

360mmロケット砲をぶっ放すジム・キャノン。上下にスイングするので発射体勢を採らせることが出来ます。

ジムシリーズ共通の装備のビーム・スプレーガンを持たせて。こちらも両手で構えることが出来ます。

ビーム・サーベルは付属しない機体になっています。

以上、ジム・キャノン(ロケット・バズーカ装備)のレビューでした!

それではご安全に!