【独り言】ニッパー買い換えました。

【HGUC】ガンダム6号機(マドロック)【プレバン】レビュー

はい!それでは!
今回はプレバン限定品HGUC「ガンダム6号機(マドロック)」のレビューです!

PS2ゲーム「ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079」に登場するRX-78シリーズの6号機、ガンダム6号機(マドロック)が立体化されましたのでレビューしたいと思います!

組み立て説明書は白黒の物になっています。

  • 登場作品 ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079
  • 販売年  2019年11月
  • 税込価格 2,200円

※2022/05/11 写真を大幅に入れ替えました。
icon
icon

パッケージ・付属品

パッケージはこちら。シールは処分してしまったのでないのですが、メインカメラ(メタリックグリーン&メタリックレッド)と腰の連邦V字マークを再現できるホイルシールと、▽6マークと地球連合軍エンブレムのマーキングシールが付属しています。

付属品はビーム・ライフル、ビーム・サーベル×2、シールド、完成版用パーツになります。

レビュー(未完成版)

こちらが完成した【HGUC】ガンダム6号機(マドロック)未完成版になります。PSゲーム「ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079」に登場するRX-78シリーズのガンダムで、一応はジオン視点のゲームなので敵キャラガンダムになります。自分はPS2ゲームの「ガンダム戦記」で知り、大変お世話になった機体です。(どうでもいい) キットではジャブロー防衛戦時の未完成版と、肩、脚部に装甲が追加された完成版を選択して組むことができます。こちらは部分塗装とスミ入れ、つや消しトップコートを吹いています。

頭部をアップで。他のRX-78シリーズとは毛色が違いマスク部にスリットがないデザイン。メインカメラと後頭部のセンサーはメタリックレッドかメタリックグリーンから選択することができ、レッドの方だとより悪役っぽい見た目に。

胴体部をアップで。ウエストがかなり細い造形な感じがします。胸のダクトやコックピットハッチなど、別パーツでしっかり色分けされていました。

こちらは未完成版の肩アーマー。RX-78-2ガンダムと似た角型のシンプルなデザイン。▽6マークのシールを貼っています。

4連装グレネードランチャーを装備している腕部をアップで。こちらも袖やダクト等、細かく色分けされています。ひじ関節にもロール軸があり、2重関節と組み合わせてフレキシブルに動くようになっています。

マドロックの特徴的な武装である300mmキャノン砲をアップで。ガンダムタイプでは珍しいバックパック一体型のキャノン砲で、接続基部が可動するので砲身の角度を変えることができます。ビーム・サーベルも砲身の上部にマウントされています。

バックパックもバーニアとスラスターが多数備わっているデザイン。ゴールドとシルバーの金属色で塗装しています。

腰回りはガンダムらしく角ばったデザインで、フロントアーマーのイエロー部は色分けされていますが、連邦V字マークはシールでの色分けです。リアアーマーの四角いディテール部はイエローで塗装要です。

こちらの脚部は未完成版ということで、可変スラスターが装備されていないスッキリとした見た目に。ヒザ装甲のダクトをイエローで塗装要です。

アクション

付属のビーム・ライフルを装備。右手のみ銃持ち手が付属しています。

ホバー移動するマドロック。連邦系MSでは珍しくホバリング移動するガンダムですね。

ビーム・ライフルでブンドド。これまた他のRX-78とは違う、独特な見た目のライフルになっています。銃身部分はホワイトで色分けされています。

300mmキャノン砲をぶっ放すマドロック。角度を付けられるので、発射体勢を採らせることができます。

ビーム・サーベルはキャノン砲上部に備わっている物を使用します。エフェクトもHGで一般的な物が2本付属。

レビュー(完成版)

肩アーマー、脚部装甲を組み替えてガンダム6号機(マドロック)完成版を再現。一応は選択式ですが、組み立て後も簡単に換装することができました。肩、脚部がごつくなり、さらに独特な見た目になります。個人的にはこっちの方が断然好み。

肩アーマーをアップで。元のRX-78-2ガンダムぽかった見た目からがらりと変わり、スラスターやダクトが増設された形状に。イエロー部分は全て別パーツで再現されており、素組みでもかなり見栄えが良いと思います。

脚部には可変スラスターが増設されており、ふくらはぎ内側にもダクトが増設されています。可変スラスター可動式で前後に可動します。ダクト部はイエローで塗装が必要です。

2号機のRX-78-2ガンダムと並べて。1~3は同じようなデザインで4と5号機も兄弟機ですが、6号機だけガラリと見た目が変わります。

マドロック完成版でアクション。肩と脚部の装甲が変わっただけなので、可動感は未完成版とあまり変わりませんでした。

1年戦争後期の連邦系シールドも付属しており、L字ジョイントで腕にマウントできます。自分はガンダム戦記のマドロックしか知らないので、あまりシールドを使用してるイメージがないなぁ。

300mmキャノン砲もちょっとだけ肩アーマーに干渉しますが、そこまで気にはなりません。

ビーム・サーベルでブンドド。ガンダム戦記では最後に突き攻撃をしてたような・・・。

以上、【HGUC】ガンダム6号機(マドロック)のレビューでした!

それではご安全に!