【HGIBO】イオフレーム獅電改(流星号)【プレバン】レビュー

はい!それでは!
今回はプレバン限定HGIBO「イオフレーム獅電改(流星号)」のパチ組みレビューです!

2016年販売で価格は1,296円(税込)。

一般販売の獅電のカラーバリエーションキットで、頭部、肩部が新規造形となっています。

組み立て説明書は一般販売の獅電の物と、補足のペラ紙が一枚付属していました。

 

HGIBO「イオフレーム獅電改(流星号)」

フロント&リアビュー。

派手なピンクの機体色が再現されています。頭部、肩部以外は一般機と同じ造形です。

付属のシールはカメラ部に加えて、新規でパイロットのノルバ・シノのパーソナルマーク、ノーズアートを再現したシールとアンテナ先端の白を補う物が付属しています。

目の様な模様のノーズアートシールを使用するとこんな感じに。

後で塗装するのでアンテナの白以外は使用してみました。

 

一般機(スミ入れトップコート済)と比較。

違いは頭部と肩のみですが、マッシブさが増したような気がしますね。

可動範囲は一般機とも変化はありません。

稼働など。

上半身は肩アーマーが跳ね上がるため腕は水平以上に上がりますし、肘は90°以上曲がります。

腰は180°回転でき、首周りもすっきりしているためよく動きます。

股関節もオルフェンズシリーズ共通の作りのため広く開脚できます。

足首はボールジョイントでありよく動きますが、ガンダムフレームタイプほど接地性はよくありません。

装備品。

ライフル、パルチザン、ガントレットが付属。

一般機に付属していたライオットシールドは付属しません。

フル装備で。

どの装備も右左腕両方に装備できます。

ライフル装備&バイザーを上げて。

この辺りは一般機と同じです。

パルチザンは伸縮可能で本体が良く動くので両手持ちも可能です。

武器はリアアーマーに装着できます。

また、マウントパーツを腰に取り付けることでパルチザンは腰にも装備できます。

一般機とディスプレイ。

前にも言いましたが、一般機のデカいライオットシールドは付属しません。

最後に4代目流星号ことフラウロス(スミ入れトップコート済)と並べて。

同じ色合いで派手さは変わりませんね。

 

それではご安全に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です