【HGBD:R】アルスアースリィガンダム レビュー

はい!それでは!
今回はHGBD:Rより「アルスアースリィガンダム」のレビューです!

Re:RISEに登場するヒトツメを率いるアルスが、ヒロトのコアガンダムを解析して作り上げた機体「アルスアースリィガンダム」がHGで立体化されましたのでレビューしたいと思います!

組み立て説明書は専用の物になっています。

  • 登場作品 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE
  • 販売年  2020年04月
  • 税込価格 1,650円

HGBD:R「アルスアースリィガンダム」

パッケージはこちら。アルスコアガンダムとバックにはアルスアースリィガンダムが描かれています。

シールはこちら。頭部やアルスアースリィガンダム時の各所のメタリックパープルを補う物になっています。

こちらがエルドラコアガンダム(アルスコアガンダム)です。

ダークパープルのカラーリングと手足も長くなっているので、どことなく不気味な感じがします。

スミ入れとクリアパーツ以外はつや消しトップコートで仕上げています。

リアビューも。バックパックのウィングや脚部の異形っぷりが目立ちます。

バーニアはゴールドとシルバーで塗装しました。

坊主頭の頭部をアップで。クリアパーツ内に「ヒトツメ」のシールを張り付けて劇中の表情を再現します。

コアガンダム、アースリィガンダムの両形態とも、ヒトツメがパープルならAIで行動するエルドラコアガンダム、レッドならアルスが操作するアルスコアガンダムになるそうです。

キットでもパープルとレッドのシールを選択式で組み立てます。

自分はパープルを選択したのですが上からクリアパープルのパーツを被せるので、あまり目立たなくなってしまいました。

またヒトツメにはモールドがあるので塗装もしやすくなっています。

元キット??となったヒロトのコアガンダム(アースリィガンダムに付属)と比較。

腕部はコアドッキングのギミックが無い分長く、脚部も爪部分のおかげで身長が高くなっています。

共通部分も多く、関節パーツなどCランナーはコアガンダムの物が使われていました。

可動範囲などはコアガンダムと大差ありませんでした。

脚部の爪部分はコアドッキングの関係で閉じるような動きができます。

前腕部にコアドッキングのギミックはありませんが、他のプラネッツ系のガンプラと互換性があるので取り外せます。

コアガンダムでビーム・サーベルだった部分はウィングのような伸びた形状に変化しています。

こちらも変わらずスイング可動します。

付属品はこちら。

コアスプレーガン、ビームブレイド、ビームライフル換装パーツ、ハンドパーツが左右分付属します。

ハンドパーツは1パーツ形成の持ち手と、コアガンダムと同じ分解できる持ち手が付属し様々な武器に対応できるようになっています。

ですが手の甲パーツが一つだけなので、使い回しする必要があります。

こちらと後述のアルスアースアーマーが付属します。

余剰パーツはこちら。コアガンダムのCランナーが使われているので、胴体やスリッパ部分、シールドなどが余ります。

コアスプレーガンを装備。こちらはヒロトのコアガンダムの物と変わりありません。

センサー部分のみ、パープルのシールになっています。

マニピュレーターにエネルギーを収束させた「ビームブレイド」で攻撃!

手刀のような形状で、ハンドパーツごと取り換えて再現します。

また左右両手に対応しています。

ビームブレイドはクリアパーツの1パーツ形成なので、手の甲部分はシールで色分けを再現します。

指部分は説明書の作例でもクリアパーツのままだったので、塗装しなくてもよさそうです。

ヒロトのコアガンダムとブンドド。

早くコアガンダム2でないかなー。。。五月が待ち遠しいですね。

こちらがアルスアースアーマーになります。

ヒロトのプラネッツシステムと違い飛行ユニットがないので、プラモデルオリジナルの収納形態になります。

このようにビームライフル換装パーツやビームブレイドも収納できます。

また使用しないハンドパーツも4つまで収納できるので、本キットで使用するすべてのパーツを収納できます。

エルドラコアガンダムと並べて。ほぼほぼ同じ大きさです。

 

「アルスアースリィガンダム」

アルスアースアーマーとドッキングして「アルスアースリィガンダム」にチェンジ!

明るめのブルーのアーマーでヒロイックなカラーリングですが、シルエットは悪役ガンダムです。

リアビューも。トゲトゲが増えてますね。

腕部以外はヒロトのプラネッツシステムと同じドッキング形式です。

脚部はいったん裏側のパーツを取り外し、コアガンダムの脚部を収納して蓋をします。

また本キットには頭部が合計3つ付属し、コアチェンジでは頭部ごと差し替える方式になります。

一番右の頭部は他のプラネッツシステムとドッキングする際に使用します。(後述)

可動範囲。大きくはヒロトのガンプラと変わりありません。

最新キットなのでよく動きます。

脚部の可動も変わらず。足首部分はボールジョイントでデザイン上接地性は狭めです。

ヒトツメ部分をレッドのシールで作成したので、こちらはアルスが操作するアルスアースリィガンダムになります。

(ヒトツメをパープルにしたらAI稼働のエルドラアースリィガンダムになります)

肩やフロントアーマーなどのメタリックパープルはシールでの色分けです。

こちらは武装のビームライフル。こちらもヒロトのパクリでコアスプレーガンの両端にパーツを被せます。

こちらがアルスが使用するビームライフル。プラネッツ系の中でも大きめの武装です。

そして差し替えで狙撃で使用していたバーストシューティング形態に変形できます。

ビームライフルをアルスアースリィガンダムに装備。

ビームライフルで攻撃!大きめの武装ですが、問題なく保持できます。

バーストシューティング形態で高精度狙撃!

ライフルの内部にもモールドが再現されています。

劇中での触手のようなケーブルはさすがに再現されず。

左手側にはグリップなどはないため、平手を添えるように使用するよう説明書に記載されていました。

メイさんを狙撃!カザミのシールドで防御するメイさん。

ビームブレイドも変わらず使用できます。

ビームブレイドは片手分しか付属しないので、二刀流はできませんでした。

 

 

ここからはコアドッキングカスタムで。説明書ではジュピターヴガンダムとアーマーを交換していたので同じように。

仮面ライダーの様な頭部のおかげで、悪役からヒロイックな感じになりました。

頭部は前述の通り、別デザインの対応した頭部を使用します。

こちらは逆にヒロトのコアガンダム(ジュピターヴガンダム付属の宇宙空間イメージ仕様)にアルスアースアーマーをドッキングした状態。

丸みを帯びたアーマーなので、逆にこちらは悪役ガンダムみたいになりました。

頭部のアンテナも取り外せば交換できそうなのですが、破損させそうだったので今回は諦めました。

アルスアースリィとジュピターヴでブンドド。

ヴィートルーやメルクワンなど、他のプラネッツシステムのガンプラにも対応しています。

後に発売されたフェイクニューユニット、ウェポンズと並べて。

見るからに悪役な見た目のアルスアースリィから、ヒロイックな見た目のフェイクνガンダムにコアチェンジしてます。

【HGBD:R】フェイクニューユニット レビュー【HGBD:R】フェイクニューウェポンズ レビュー

以上、アルスアースリィガンダムのレビューでした!

それではご安全に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です