【HGCE】ダガーL レビュー

はい!それでは!
今回はHGCEシリーズより「ダガーL」のレビューです!

先に発売された地球連合軍のウィンダムに続き、量産機ダガーLが各種ストライカーパックに対応した新規造形で立体化されましたのでレビューしたいと思います!

組み立て説明書はカラーの物が付属します。

  • 登場作品 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
  • 販売年  2021年04月
  • 税込価格 1,320円

HGCE「ダガーL」

パッケージはこちら。他の平成量産機シリーズと同じくダガーLの軍勢が描かれたイラストになっています。もともとシンプルなカラーリングの機体ですが、色分けは良好で本キットにシールは付属していませんでした。

付属品はM703k ビームカービン、ES04B ビームサーベル×2本、シールドが付属します。

関節パーツなどのCランナーはHGBFビルドストライクの物が流用されているため、フレーム部分などのパーツが余剰となります。

こちらが完成したHGCEダガーLになります。宇宙世紀系の量産機ジムを彷彿させるデザインで、シンプルなディティールになっています。

スミ入れとつや消しトップコートで仕上げています。

頭部をアップで。バイザー部分にはクリアブルーのパーツが使用され、内部にはモールドが造形されています。写真では先端の安全フラッグは切り飛ばしていますが、頭部右側のアンテナもシャープに造形されていました。

胴体部分をアップで。コックピットやバーニア部分はレッドのパーツで色分けされており、胸ダクト内部にはフィン状のモールドが造形されていました。

バックパック部分は別売りのキットに付属している、ストライカーパックを装着できるような造形になっています。

脚部をアップで。この辺りもシンプルなデザインで、グレー部分などもしっかりと別パーツ化されていました。

可動範囲など。首関節はポリキャップではなくプラパーツで、大きく下方を向けるような作りになっていました。

腕は水平以上に、ひじは折りたためるくらいに曲げることが出来ます。腰関節も軸接続となっており、スイングできるようになっていました。

股関節は3軸式でサイドアーマーが干渉するところまで開くことができ、膝立ちも綺麗に決まります。

ビームカービンとシールドを装備させて。付属の武装を装備させてもスッキリとした見た目ですね。

M703k ビームカービンをアップで。ダガーLの主兵装で従来のビームライフルより小型化されているそうです。スコープ部分はホワイトの別パーツで再現されています。

シールドも3パーツ構成になっており、ひし形のレッド部分なども別パーツ化されています。接続にはU字型のジョイントを使用し、取り付け位置を変えることが出来ます。

ES04B ビームサーベルを持たせて。ウィンダムなどと同じくサイドアーマーにマウントされているものを使用します。

地球連合軍の量産機で先に発売されたウィンダムと並べて。ウィンダムに付属しているジェットストライカーパックをダガーLに装着することが出来ます。

【HGCE】ウィンダム レビュー

ウィンダムのジェットストライカーパックの他、エールストライクガンダムに付属するエールストライカーも装着することが出来ます。

HGBDエルドラウィンダムのパックも取り付けられるか試しましたが、あちらは少々形が異なるので取り付けられませんでした。

SEED系の武装がメインのシステムウエポンキット010を持たせて。

バズーカもビームライフルもそれぞれ無改造で装備させることが出来ます。

【ガンダムベース限定】システムウェポンキット010 レビュー

以上、HGCEダガーLのレビューでした!

それではご安全に!