【HGBD:R】エルドラブルート レビュー

はい!それでは!
今回はHGBD:Rより「エルドラブルート」のレビューです!

ビルドダイバーズRe:RISEの5話目のミッションに登場した中ボス的な機体ですが、どのようになっているのかレビューしたいと思います!

組み立て説明書は専用の物になっています。

  • 登場作品 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE
  • 販売年  2019年12月
  • 税込価格 2,200円

HGBD:R「エルドラブルート」

パッケージはこちら。不気味な「ヒトツメ」軍団がが描かれておりその中央にエルドラブルートが描かれています。

付属のシールはこちら。パープル部分やビームキャノン部分を補う物になります。

こちらが完成したエルドラブルート。デスビーストが元ネタですが、4本足という異形なシルエットですね。

デスビーストからは肩やひざ部分にスパイクが追加されています。

リアビューです。後ろ姿も迫力があります。

デスアーミーの脚部が変形してビームキャノンになっています。

4本足のおかげで自立は最高レベルで安定しています。

上半身の可動範囲。肩アーマーやビームキャノンが干渉するため可動範囲は狭めです。

4本足の脚部はひざ部分が大きく曲がります。

脚の付け根の接続軸は四角のため、可動軸がありません。

デスアーミーの脚部だったビームキャノン部分は前後に少しだけスイングすることができます。

標準的な体形のRX-78 ガンダムと比較。足を延ばした状態なら身長はほぼ同じ位いでしょうか。

エルドラブルートの4本足を上方向に伸ばした状態。

20m級のMSくらいの身長になりますね。

付属品はこちら。本来はメイン武装のテトラデントのみですが、余剰パーツ扱いで金棒も付属します。

余剰パーツはこちら。前腕部分のスパイクはランナーごとボーナスパーツ的な扱いで付属します。

その他もろもろ付属しますが、足りない部分もあるのでデスアーミーには組めなさそうです。

テトラデントを装備。殴ってよし伸ばしてよしのトンでも武装です。

先端部分のビーム発射口はシールでの色分けです。

上半身の可動範囲に制限があるため、いまいちダイナミックなポーズが決めにくいです。

パル君のヴァルキランダーをマグマに突き落とそうとするエルドラブルート。

【SDBD:R】ヴァルキランダー レビュー

覚醒したパル君にぶった切られるエルドラブルート。

ビームキャノンをぶっ放すエルドラブルート。

金棒用のハンドパーツも付属するので問題なく持たせることができます。

以上、エルドラブルートのレビューでした!それではご安全に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です