【HGAC】リーオー レビュー

はい!それでは!
今回はHGACより「リーオー」のレビューです!

Fine Build(簡単組立)が採用されており、新構造の関節や部位ごとにランナー配置されていたりと大変組みやすいキットですが、劇中のフォルムを損ねることなく立体化されています!

組み立て説明書はカラーの専用の物が付属します。

  • 登場作品 新機動戦記ガンダムW
  • 販売年  2018年05月
  • 税込価格 1,100円

HGAC「リーオー」

パッケージはこちら。大量のリーオー軍団が描かれた特徴的なパッケージです。箱の大きさは一般的なキットと変わらないのですが、パーツ数が少ないので薄めの箱になっています。色分けは良好で、本キットにはシール類は付属しませんでした。

付属品はこちら。ドラムガン、ビームサーベル×2、シールドとシンプルな内容で、余剰パーツはありませんでした。

こちらが完成したHGACリーオーです。ファインビルドということで非常に組み立てやすく、スミ入れなどしなければ自分は1時間ほどで組むことができました。前述の通りシールはなく、頭部のセンサー部分はクリアパーツが使用されています。

またポリキャップも丸型の物が付属し、腰や脚部などに使用されています。

頭部や胴体部分をアップで。疑惑の頭部可動は非可動式で、左右にスイングすることはできませんでした。センサー部分にはイエローのクリアパーツが使用されています。

色分けは良好で胴体部分などの内部にはグレーのパーツなどが使用されています。

脚部もシンプルな作りですが色分けは良好で、太もも側面には取り外し可能なハードポイントがあります。

上半身の可動。腕は水平くらいに上げることができ、ひじは折りたためるくらいに曲げられます。

少ないパーツ構成の関節ですが、良く動くように作られています。肩関節にはスイング軸があり、少しだけ前方に引き出せます。

また腰回りは引き出すことで大きくひねることができます。

脚部の可動。ひざ回りはシンプルな関節構造ですが、きれいに膝立ちできるくらいに曲がります。

股関節は3軸式で大きく開くことができます。足首部分はボールジョイントで、通常のポージングをする分には接地性も良好です。

ドラムガンをぶっ放すリーオー。ドラムガンはブラックとグレーのパーツ構成である程度は色分けされています。

ドラム上部のグリップを握って両手持ちもできます。

シールドは肩アーマーを取り外して装着することができます。左右両方の肩に装着できます。

シールドもシンプルはパーツ構成ですが、色分けは良好で裏側にはビームサーベルを二本収納できます。

サーベルは短めの物が二本付属しており、二刀流もできるようになっています。

???「平成量産型シリーズ三銃士を連れてきたよ」

【HGFC】デスアーミー レビュー【HGCE】ウィンダム レビュー【HGAW】ドートレス【プレバン】レビュー

どのキットもファインビルドやシンプルな作りなので、サクッとお手軽にカッコいい機体を組むことができるぞい!!

以上、HGACリーオーのレビューでした!

それではご安全に!