【HGBF】ミセス.ローエングリン子 レビュー

はい!それでは!
今回はHGBFシリーズより「ミセス.ローエングリン子」のレビューです!

ビルドファイターズの主人公イオリ・セイの母親のリン子をモチーフにしたガンプラで、座るとアークエンジェルのシルエットになるギミックなどが再現されています!

組み立て説明書は専用の物になっています。

  • 登場作品 ガンダムビルドファイターズ
  • 販売年  2018年03月
  • 税込価格 2,750円

HGBF「ミセス.ローエングリン子」

パッケージはこちら。リン子ママのガンプラコスキットということで、アークエンジェルに扮した姿になっています。

シールは多めで瞳を再現するものや、アークエンジェル部分のブルーやレッドなどを色分けするものが付属します。

 

こちらが完成したミセスローエングリン子さんの武装(アークエンジェル装備)を装着していない状態です。

フェイスパーツも劇中のリン子ママにそっくりで良くできている思います。

頭部と太もも部分は半光沢で、それ以外はつや消しトップコートを吹いています。

後ろから。説明書では「史上初の配偶者モデル」と人妻モデルを遠回しに表現した記載になっていました。

主人公の母親ということで、劇中の主婦体系もリアルに再現されています。

リン子ママをアップで。

目の部分は「クリアパーツの上にシールを貼る」「クリアパーツの下にシールを貼る」「クリアパーツを使わずにシールを貼る」の3パターンから選ぶことができ、こちらは「クリアパーツの下にシールを貼る」で組み立てた状態です。

眉毛は別パーツでの色分けになっており、唇部分もガンダムマーカーのピンクで塗装してみました。

帽子や両耳のイエロー部分はシールでの色分けになります。

リン子ママをバストアップで。

ハロのワッペンはシールでの再現です。

リン子ママのウエスト部分。

スカートは前後での分割になっており、軟質パーツが使用されています。

後ろ腰部分には3ミリ軸穴がありスタンドが使用できるようになっています。

両腰のウイングパーツのレッド部分はシールでの色分けです。

リン子ママの後ろ髪はボールジョイント接続で、少しだけ稼働します。

背中にはアークエンジェルを装備するための軸穴があります。

リン子ママの脚部。

ブラックのストッキングをイメージした造形で、太ももとひざ、足首部分に可動軸があります。

頭部の帽子やアンテナパーツは取り外しができます。

アンテナを外しても、しっかりと耳が造形されています。

ビルドダイバーズシリーズのモビルドールメイさんと並べて。

フィギュアライズシリーズと同スケールのメイさんより、一回り大きい造形になっています。

可動範囲など。

腕は垂直近くまで上げることができますが、肩関節が非常に外れやすくポージング中に何度もすっぽ抜けました。

ひじは折りたためるくらいまで動かすことができます。

胴体と腰部分に可動軸がありますが、ひねり動作はそこまで大きくできません。

少しだけなら前かがみになることができます。

腰のウイングはポリキャップのボールジョイントであり、羽を広げることができます。

股関節もボールジョイント接続で、ハの字くらいに開脚ができます。

膝立ちも窮屈ですが、スカートが軟質パーツであまり邪魔にならないようになっています。

足首はピンと伸ばすことができます。

リン子ママの状態で敬礼ポーズ。

ハンドパーツは平手と武器持ち手の2種類が付属します。

スタンドを使用してディスプレイ。

スタンドはクリアイエローのランナーレススタンドと、三日月モールドの延長パーツが付属します。

武器持ち手でグーパンチ。

表情パーツが1種類だけなのでシュールな絵面になってしまいます。

キックポーズも難なくできるリン子ママ。

肩が外れやすい以外は各可動軸のテンションは丁度よく、破損の心配もなさそうです。

 

ここからはアークエンジェルモード時に使用する付属品です。

脚部の装甲やバックパックなどが付属します。

腕や脚部に使用するパーツや、クリアパーツを使用せずに瞳シールを貼る際に使用するパーツが余剰となります。

 

リン子ママにアークエンジェル装備を装着した状態で。

足首パーツは丸ごと取り換え、脚部に前後からアーマーを被せるように取り付けます。

また背中にアークエンジェルを模したバックパックを装着します。

後ろから。アークエンジェルのバーニア部分はゴールドで塗装しました。

背負いものが重たく自立できなくなるので、スタンドを使用しています。

こちらはプラズマバリアントガン。2丁付属しアークエンジェルの両脇に装着できます。

ブルーとレッド部分はシールでの色分けになります。

脚部の追加装甲。

表面はホワイトとグレー、裏面はレッドのといったアークエンジェルのカタパルト部分を模したものになっています。

表面のグレー部分は脛から足首にかけてシールでの色分けになります。

プラズマバリアントガンを持たせて。

バックパックから取り外して、武器持ち手で持たせることができます。

 

ここからは「AAモード(アークエンジェルモード)」への変形です。

変形といっても姿勢を変えるだけなのですが、後ろ側のスカートパーツを専用のものに取り換えます。

お座りポーズにしてウイングを展開、ひざにゴットフリードMk.71を取り付け、足首部分をローエングリンに取り換えたらAAモードの完成です。

よりガンダムSEEDシリーズの母艦、アークエンジェルっぽくなりました。

ゴットフリードMk.71とローエングリンをアップで。

ゴットフリードは1パーツ構成で、ローエングリンの上部グレー部分もシールでの色分けになります。

以上、ミセス.ローエングリン子のレビューでした!

それではご安全に!