【HGBD:R】ネプテイトユニット レビュー

はい!それでは!
今回はHGBD:Rより「ネプテイトユニット」のレビューです!

別売りのコアガンダムⅡやネプテイトウェポンズと組み合わせることで、ヴォワチュール・リュミエールを使用できる「ネプテイトガンダム」を再現できます!

組み立て説明書は専用の物になっています。

  • 登場作品 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE
  • 販売年  2020年07月
  • 税込価格 990円

HGBD:R「ネプテイトユニット」

パッケージはこちら。コアガンダムⅡがネプテイトユニットを装着していますが、どことなくG-3カラーっぽくなっていますね。

こちらもコロナの影響でアニメ本編よりガンプラの方が先に世に出てしまいました。

付属のシールはこちら。

ヴォワチュール・リュミエール稼働時の発光部分はすべてシールでの色分けになるので、量は多めです。

その他ユニット基部のキャノピーやアンテナ部のメタリックグリーンを補うものが付属します。

こちらが完成したネプテイトユニットになります。

プラネッツシステム系ガンプラの一つで、特殊巡航仕様の機体だそうです。

今回は付属のシールを使用して、スミ入れとつや消しトップコートで仕上げています。

後ろから。ユニット基部はユーラヴェンやサタニクスユニットと同じものになります。

ライトグリーンにホワイトとゴールドの発光部分の組み合わせでとても鮮やかなカラーリングのユニットになっています。

 

こちらは同時発売の「ネプテイトウェポンズ」を装着して「ネプチューンアーマー」にした状態です。

ユニット上部と前腕アーマーにネプテイトウェポンズを取り付けます。

ネプチューンアーマーを後ろから。

こちらのキットですが、発売日の夜に買いに行ったのですが売り切れていて、3件はしごしてようやく購入できました。

前述の通り基部ユニットは他の2期勢と同じものになります。

スタンドの仕様も同じでハンドパーツを収納できるようになっています。

ハンドパーツも左右持ち手と左平手が付属します。

ユーラヴェンガンダムに付属するコアガンダムⅡと並べて。

こちらのコアガンダムⅡとネプテイトウェポンズ、本キットを組み合わせることで「ネプテイトガンダム」を再現できます。

お次はコアガンダムⅡと本キットをドッキングした状態です。

ドッキング方式はこれまでのプラネッツシステム系のガンプラと同じになります。

後ろから。ライトグリーンとゴールドの発光色がマッチしていてカッコいいですね。

頭部をアップで。縦に伸びた形状のアンテナを装着しています。

アンテナ中央のセンサー部分はシールでの色分けです。

肩アーマーをアップで。

中央の窪みの部分はグレーなどで塗装が必要です。

また裏側にはユーラヴェン等と同様に3ミリ軸穴があります。

脚部をアップで。

こちらもシール量は多めで発光している箇所が多いことがわかります。

そしてこちらが別売りの「ネプテイトウェポンズ」を装着した「ネプテイトガンダム」になります。

バックパックと両腕にネプテイトウェポンズを装着します。

バックパックがメインのアーマーということで、後ろから見た姿の方がインパクトがありますね。

別売りのユーラヴェンガンダムと並べて。

コアガンダムⅡがもう一つ欲しかったので追加購入してしまいました。

【HGBD:R】ユーラヴェンガンダム レビュー

腕部のビームガンで攻撃!

説明書によると自衛用に先端部分からビームを放つことができるそうです。

巨大なトーラスへと変形してヴォワチュール・リュミエールを稼働!

両腕を左右に広げバックパックのユニットを展開することで、稼働形態を再現できます。

惑星間巡航であらゆる世界に軌跡を残すあなた・・・

劇中でどのような活躍をするのか楽しみですね。

以上、ネプテイトユニットのレビューでした!

それではご安全に!

【HGBD:R】サタニクスユニット レビュー【HGBD:R】サタニクスウェポンズ レビュー