【HGBD:R】ガンダムゼルトザーム レビュー

はい!それでは!
今回はHGBD:Rより「ガンダムゼルトザーム」のレビューです!

パイロットの仮面の男同様謎の多い悪役ガンダムである、ガンダムゼルトザーム。

ガンダムMk-Ⅲをベースとしてビルドされたテルティウムガンダムから、さらにカスタマイズ??魔改造??された「ガンダムゼルトザーム」が立体化されましたのでレビューしたいと思います!

組み立て説明書は専用の物になっています。

  • 登場作品 ガンダムビルドダイバーズRe:RISE
  • 販売年  2019年12月
  • 税込価格 2,420円

HGBD:R「ガンダムゼルトザーム」

パッケージはこちら。Re:RISEで登場するたびに大暴れしているゼルトザームが描かれています。

シールはこちら。頭部の「5つ目」と後頭部のセンサーを補う物になります。

こちらが完成したガンダムゼルトザームです。付属する各武装を取り付けた状態です。

スミ入れとつや消しトップコートで仕上げています。

リアビューも。バックパックの特徴的なバーニアはゴールドとシルバーで塗装しています。

武装を取り外した状態。ですが右腕のせいで全くスッキリしないシルエットですね。

劇中の設定的には元キットとなった「ガンダムテルティウム」と並べて。

異なるのは右腕と頭部、カラーリングくらいですが、全く別物みたいになっていますね。

【HGBD:R】ガンダムテルティウム レビュー

頭部をアップで。フレディ達からは「ヒトツメ」と呼ばれていますが、どう見ても五つ目です。

キットでは安全のためアンテナ先端にフラッグがあるので、今回は切り飛ばしています。

上半身の可動範囲。右腕の「ゼルトザームアルム」以外はテルティウムガンダムと変わらず。

脚部に装甲が追加されたようなデザインなため、少々窮屈ですがポージングする分には不自由なく動きます。

股関節は3軸式で開脚も広めです。

右腕のゼルトザームアルムの可動。

手首部分に可動軸があり、手首を丸めるような動きができます。

腕関節を伸ばした状態。このように腕を伸ばすように展開できます。

ケーブルのレッドや各所のグレーは塗装で再現する必要があります。

手のひら部分には肉抜きがあります。

また親指と小指に当たる部分が稼働します。

手の甲部分。オレンジ一色なので、指関節部分はグレーで塗装しています。

脚部の装甲は各所が展開し、ふくらはぎ部分にはバーニアが造形されています。

こちらがメイン武装の「ハイパーデストランス」。巨大な槍状の近接兵器です。

ゼルトザームアルムと左腕の両方で保持できます。

グリップ部分は伸縮式になっています。

こちらはシールドバインダー。バックパックにフレキシブルアームで接続されています。

中央部分はグレーで塗装が必要です。

砲身を展開して「フォールディングデストランチャー」に。どの武装もネーミングがカッコいいですね!

フォールディングデストランチャーのグリップ部分は引き出すことができます。

付属品はこちら。左から他キットに使用できるバックパックパーツ、ハイパーデストランス用ジョイントパーツ、フレキシブルアームになります。

余剰パーツ。ビーム・ライフルのマガジンなどが余ります。

左手の表情付きハンドパーツは余剰パーツ扱いですが、問題なく使用できます。(というかビームサーベルの保持で使用します)

ちなみにワインレッドカラーのランナーは「ガンダムmk-Ⅲ」と表記されています。

適当にポージング。ハイパーデストランスをブンブン振り回すゼルトザーム。

ゼルトザームアルムにはピンに差し込んで保持します。

左手にもグリップを持たせてハイパーデストランスを保持することができます。

ゼルトザームアルムを展開!こちらも可動軸が多いので動かしていて楽しいですね。

フォールディングデストランチャーをぶっ放すゼルトザーム。

フレキシブルアームを稼動させて、左手でグリップを保持して発射形態を再現できます。

こちらは説明書に解説はありませんが、脚部に装備されているビーム・キャノンです。

元キットのガンダムmk-Ⅲのビーム・サーベルと同形状の武装です。

こちらも説明書にはありませんが、脚部のビーム・キャノンは取り外してビーム・サーベルのように運用できそうです。

ピンを介して余剰パーツ扱いの表情付き平手パーツに持たせてます。

サーベルエフェクトは付属しないので、他キットからマスターグレードサイズのサーベルを用意しました。

またシールドバインダーの裏側にもビーム・サーベルのような造形があるため、こちらも他キットからサーベルを流用できました。

こちらは軸の小さいサーベルです。

こちらは他キットに使用できる、バックパックのジョイントパーツです。

最近主流の2軸式のバックパック接続キットなら使用できます。

バックパックの左右にハイパーデストランスとシールドバインダーを装備。

RX-78ガンダムだと背中が重たくなり自立できなくなりました。

またゼルトザームアルムはボールジョイント接続なので、他キットとも互換性があります。

マーズフォーガンダムとブンドド。突然現れて暴れだすゼルトザーム。

【HGBD:R】コアガンダム(リアルタイプカラー)&マーズフォーユニット レビュー

メイさんに取りつかれるゼルトザーム。「あんたがジェイムズか?」

【HGBD:R】モビルドールメイ レビュー

ジュピターヴガンダムともブンドド。

宇宙空間での戦闘が「おれ、ガンダム観てるんだなぁ」って気持ちにさせてくれました。(感謝)

【HGBD:R】ジュピターヴガンダム レビュー

以上、ガンダムゼルトザームのレビューでした!

それではご安全に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です