【HGUC】バウンド・ドック(ゲーツ・キャパ専用機)【プレバン】レビュー

はい!それでは!
今回はプレバン限定HGUCより「バウンド・ドック(ゲーツ・キャパ専用機)」のレビューです!

Zガンダム終盤に登場したティターンズのゲーツ・キャバ大尉が搭乗した、灰色のバウンド・ドックをレビューしたいと思います!

組み立て説明書は通常カラー版の物プラス、補足のペラ紙が付属します。

  • 登場作品 機動戦士Zガンダム
  • 販売年  2021年10月
  • 税込価格 5,500円

icon
icon

HGUC「バウンド・ドック(ゲーツ・キャパ専用機)」

パッケージと付属のシールはこちら。箱は一般販売のロザミィが搭乗した通常カラー版と同じサイズでした。シールも通常カラー版と同じ物が付属していますが、使用するのはモノアイのみで、イエローの部分は余剰扱いになっています。

付属品はビーム・ライフル、ビーム・サーベル、拡散メガ粒子砲、銃持ち手、武器持ち手、アクションベース、専用台座ジョイントになります。ビーム・サーベルの1本は余剰となります。

こちらが完成した【HGUC】バウンド・ドック(ゲーツ・キャパ専用機)になります。Zガンダム終盤に登場したロザミィのお兄さん役であるゲーツ・キャバ大尉の搭乗するバウンド・ドックで、ロザミィ機のカラーリングは異なるグレーの機体が再現されています。こちらは部分塗装とスミ入れ、つや消しトップコートを吹いています。

特徴的な頭部をアップで。2本のアンテナは細く薄いパーツで再現されています。本キットでシールを使う部位はモノアイのみになります。

バックパックには巨体とは正反対の極小バーニアが造形されています。バーニアはゴールドとシルバーの金属色で塗装しています。

クローもイエローだった内部パーツは、機体カラーと同じライトグレーになっています。

MA形態に頭になる左腕もレッドとイエローの派手なカラーリングから一変して、落ち着いたグレーに変更されています。

巨大で中身スカスカなスカートも健在で、機体後部の3つのバーニアは1パーツ構成ですがモールドなどもしっかり刻まれています。

脚部も通常カラー版と同じデザインで、各所の動力ケーブルは軟質パーツが使用されており、カラーも通常カラー版と同じ物でした。

クローやビーム・ライフルでポージング。最近リリースされたキットのカラバリキットで、プロポーションもよく色分けなどもほぼ完ぺきでいいキットですね。ビーム・ライフルは専用の持ち手に装着します。

拡散メガ粒子砲を装着。差し替えで展開状態にできます。本来はMA形態時に取り付けるようですが、MS形態時でも問題なく装着できます。

ビーム・サーベルを持たせて。マスターグレードサイズのサーベルが付属しています。大きいキットなので動かし易くて迫力があります。

MA形態

MA形態に変形。上半身をスカート内に収納するだけのお手軽変形に見えて、アンテナが干渉したりして案外難しかったりします。左手首を取り外すだけの、ほぼ完全変形を再現できます。

メンヘラ妹のロザミィ機と並べて。カラーリング以外は、付属品や可動範囲などこちらと同じになります。

【HGUC】バウンド・ドック レビュー

以上、【HGUC】バウンド・ドック(ゲーツ・キャパ専用機)【プレバン】のレビューでした!

それではご安全に!