【HGUC】ガンダム5号機【プレバン】レビュー

はい!それでは!
今回はプレミアムバンダイ限定のHGUC「ガンダム5号機」のレビューです!

PS3ゲーム『機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに・・・』に登場したRX-78シリーズのガンダムで、組み換えでノーマル・Bst形態に換装でき、主兵装のジャイアント・ガトリングが再現されたキットになっています!

組み立て説明書は白黒の物が付属します。

  • 登場作品 機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに・・・
  • 販売年  2021年03月
  • 税込価格 2,475円

icon
icon

HGUC「ガンダム5号機」

パッケージとシールはこちら。機体カラーのレッドを基調としたモノクロのパッケージになっており、ジャイアント・ガトリングをぶっ放しているガンダム5号機が描かれています。

付属のシールは先に発売された4号機と同じく、主にシールド表面の色分けを補う物と、サラブレッド隊部隊章やパーソナルマークを再現できるマーキングシールが付属しています。

付属品と余剰パーツはこちら。ハイパー・ビーム・ライフル、シールド、ジャイアント・ガトリング、ビーム・サーベル×2本、右手銃持ち手になります。

ガンダム4号機と6号機、ペイルライダー(空間戦仕様)がベースキットとなっているため、ガトリングの銃身やメガ・ビーム・ライフルのパーツなどが余剰となります。

まずはこちらのHGUCガンダム5号機[ノーマルモード]からです。肩アーマーとプロペラントタンクを装着していない状態で、先に発売されたガンダム4号機と同じギミックになります。

部分塗装とスミ入れ、つや消しトップコートで仕上げています。

頭部をアップで。この辺りは4号機と変わりなくぱっちりとしたメインカメラになっています。スタンダードなガンダム顔で左右のダクトはイエローのパーツで色分けされています。

4号機との違いはこちらの胸ダクト部分で、上下に分かれた形状に変更されています。

腕や肩部などもカラーリング以外は4号機と変更箇所はありませんでした。[Bst]形態にて肩アーマーを追加装備するのでノーマルモードでは少々小さく見えます。

腰の連邦V字マークはシールで色分けを再現できます。バックパックのバーニアはゴールドとシルバーの金属色で塗装しました。

脚部をアップで。脚側面のイエローのダクト部分は塗装が必要です。

ハイパー・ビーム・ライフルとシールドを装備させて。こちらはペイルライダー(空間戦仕様)やガンダム4号機の物と同形状になります。

ハイパー・ビーム・ライフルでブンドド。センサー部分はシールでの色分けになります。フォアグリップは可動式で両手持ちもできます。

ビーム・サーベルを持たせて。2本付属しているので二刀流もできます。シールドもペイルライダーの物の流用でホワイト一色なので、レッド部分は全てシールでの色分けになります。

腕部ビーム砲で攻撃。モッサリしていますが銃口が造形されています。

[Bst]形態

肩アーマーとプロペラントタンクを装着して[Bst]形態に。色分けも概ね良好で、後ろ側のイエロー部分のスラスターとスラスター内のブラックなどは塗装で再現します。

[Bst]形態をバストアップで。ノーマルモードから上半身のシルエットが大きくなりバランスよくなったと思います。

主兵装のジャイアント・ガトリングを取り付けて。こちらも銃身部以外はペイルライダーの物の流用になります。

先に発売された相方のガンダム4号機と並べて。カラーリング以外で異なるのは胸ダクトの形状と武装になります。

可動範囲などはこちらのガンダム4号機と同じになります。

【HGUC】ガンダム4号機【プレバン】レビュー

[Bst]形態でポージング。ハイパー・ビーム・ライフルやシールドなどは変わらず装備させることが出来ます。

ジャイアント・ガトリングを持たせて。ペイルライダーの物の流用ですが、銃身部分の色分けを再現するためにダークグレーの物が新たに付属しています。

側面のレッド部分はシールでの色分けになります。

ガンダム4号機と並べて。4号機がリリースされた後、すぐに5号機も出るのかなと思っていたのですが約1年かかりましたね。

以上、HGUCガンダム5号機のレビューでした!

それではご安全に!