【HGUC】セカンドV【プレバン】レビュー

はい!それでは!
今回はプレバン限定品のHGUC「セカンドV」のレビューです!

小説版「機動戦士Vガンダム」に登場する幻の試作機という触れ込みで立体化された「セカンドV」を一部マーカー塗装で簡単に作成しました。

組み立て説明書は白黒の物ですが、機体解説が書かれた専用の物になっております。

  • 登場作品 小説版「機動戦士Vガンダム」
  • 販売年  2019年10月
  • 税込価格 2,200円

HGUC「セカンドV 」

パッケージはプレバン品よろしく単色の物です。

水色で涼しげなイメージです。

武装を無しの状態でフロント&リアビューから。

背面のミノフスキー・ドライブ・ユニットが目を引きます。

V2ガンダムの物と比べると、うえ側が短くした側が長くなっています。

15m級の小型MSのため一般的なキットと比べてだいぶ小柄に感じます。

ウエポン・プラットフォームにメガビーム・キャノンとミノフスキー・シールドを装備。

多少重たくなりますが、自立は可能です。

肘や腰、脚部の赤丸部分はシールが付属しますが、自分は赤マーカーで塗装しています。

一般販売のVガンダムと並べて。

パット見おなじに見えますが、間接以外にも頭部なども若干変更されているため、ほとんど新規キットと言ってもよいかと思います。

関節などは一般販売の方へ移植して1.5Verなんかにもできそうです。

【HGUC】ヴィクトリーガンダム レビュー

武装を紹介。

ビームライフルのグレネードは脱着可能です。

センサー部分は青のシールになっています。

ビーム・シールドとサーベルも一般販売の物と変わらず付属。

サーベルは扇状のものも付属します。

メガビーム・キャノンを発射!

このようにウエポン・プラットフォームに装着した状態で角度を変えて発射状態にすることもでき・・・

ウエポン・プラットフォームから外して手に持たせることもできます。

しかし手首パーツが腕から取り外せないため、非常に持たせにくいです。

ミノフスキー・シールドもウエポン・プラットフォームから外して腕に装着できます。

この時、差し替えパーツを用いて展開状態を再現します。

ビット部分も3つとも取り外し可能です。

ミノフスキー・シールドは可動軸があるので180度回転させて装着も可能。

ビームシールド発生器の赤パーツに取り付けます。

Vダッシュ、Vヘキサと並べて。

Vガンダムはバリエーション豊富で遊び甲斐がありますね。

以上、セカンドVのレビューでした。

それではご安全に!

icon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です