【AOZ】ガンダムTR-6[ウーンドウォート・ラー] 組合せレビュー

はい!それでは!
今回はAOZシリーズの「ガンダムTR-6[ウーンドウォート・ラー]」の組合せについてです!

ガンダムTR-6[ウーンドウォート]とフルドドⅡ拡張セットを組み合わせて、強化形態のウーンドウォート・ラーを再現します!

必要なキットは以下の通りです。

  • ガンダムTR-6[ウーンドウォート](プレミアムバンダイ限定品)×2
  • フルドドⅡ 拡張セット(プレミアムバンダイ限定品)×2
【HGUC】ガンダムTR-6[ウーンドウォート]【プレバン】レビュー【HGUC】フルドドⅡ 拡張セット【プレバン】レビュー

AOZ「ガンダムTR-6[ウーンドウォート・ラー]」

まず初めにガンダムTR-6[ウーンドウォート]の両肩に、フルドドⅡ拡張セットに付属するジョイントパーツを取り付けます。

またウーンドウォートの両太もも部分にもジョイントパーツを組み込みます。

一応は未組み立て状態のウーンドウォートを用いて組合せを再現するよう説明書に記載されていますが、組み立て済でも比較的分解しやすい箇所になります。

ですが破損には注意が必要です。

こちらが完成したガンダムTR-6[ウーンドウォート・ラー]になります。

ウーンドウォートにフルドドⅡ拡張セットを2キット使用して再現します。

フルドドⅡの説明書ではウーンドウォート2キット分のコンポジット・シールド・ブースターを使用するよう記載されているため、ウーンドウォートとフルドドⅡそれぞれ2キットずつ必要になります。

後ろから。AOZ系では比較的シンプルだったウーンドウォートですが、フルドドⅡを装着したことでゴテゴテ感が増しています。

両肩に非可動式のフルドドⅡを、両足にはクロー開閉式のフルドドⅡを取り付けています。

ネーミングの法則的にはフルドドⅡを装着しているのでウーンドウォート・ラーⅡになるのでしょうが、説明書や公式ではウーンドウォート・ラーとなっていました。

こちらは非可動式のフルドドⅡ。

両方にアーム・ユニットを取り付けており、さらに肩関節部分にもアーム・ユニットの装甲を取り付けています。

両肩に上からジョイントを接続しているため、肩関節を上げる動きが全くできなくなっているため可動範囲はかなり狭まっています。

脚部にはクローが開閉する方のフルドドⅡを取り付けています。

こちらには何もオプションは取り付けられていないので、オリジナルでいろんな装備を取り付けられそうです。

適当にポージング。

前述の通り肩関節が動かなくなり、さらに他の部分も干渉しまくるのであまり派手なポージングは出来ません。

またバランスも悪くなるのでランディングギアを展開しても自立は難しかったです。

コンポジット・シールド・ブースターをクローモードで再現。

両肩のジョイント部分にジャバラアームを取り付けることができます。

説明書ではウーンドウォートの物を使用するよう書かれていますが、1キットしか所持していないため同じ形状のヘイズルⅡの物を使用して写真を撮りました。

以上、ガンダムTR-6[ウーンドウォート・ラー]のレビューでした!

それではご安全に!