【HGUC】ガブスレイ レビュー

はい!それでは!
今回はHGUCシリーズより「ガブスレイ」のレビューです!

Zガンダムに登場するマウアー、ジェリドの搭乗機であるティターンズ製可変MS、ガブスレイをレビューしたいと思います!

組み立て説明書はカラーの物が付属します。

  • 登場作品 機動戦士Zガンダム
  • 販売年  2005年11月
  • 税込価格 1,728円

HGUC「ガブスレイ」

パッケージと付属のシール。本キットは2005年にリリースされたHGUC No.58の古めのキットです。シールはモノアイやピンクのレンズ部分、各所のイエローモールドを補う物になります。

付属品はフェダーイン・ライフル、ビーム・サーベル×2、右銃持ち手、MA形態用スタンドジョイント、専用スタンドになります。専用スタンドの裏側にはMA形態時に不要となる手首やビーム・サーベルなどのパーツを収納させておくことができます。

こちらが完成した【HGUC】ガブスレイになります。Zガンダム中盤に登場したティターンズ製の可変MSで、ジェリドやマウアーが搭乗した機体でもあります。2005年リリースと古めのキットですが、MA形態への変形も再現されたキットになっています。こちらは部分塗装とスミ入れをし、つや消しトップコートを吹いています。

頭部をアップで。全身どれをとっても特徴的なデザインをしていますが、頭部も左右に伸びた特徴的なフィンが再現されています。額のイエローやモノアイはシールでの再現。

胴体部分をアップで。色分けは概ねできていますが、肩アーマーの丸いスラスターはレッドとブラックで、首やフロントアーマー内のケーブルはライトグリーンで塗装が必要です。フロントアーマーのピンクのセンサー?部はシールが付属しています。

腕の中にも複数のバーニアが。こちらはレッド一色なので、外側をグレーで塗装しています。またビーム・サーベルも左右の腕に2本ずつ収納されています。イエローの水玉型のモールドはシールが付属しています。

背中はバックパックのない独特なデザイン。MA形態時に顔になる部分はピンクのシールで再現できます。

脚部はシンプルなデザインですが、内部にはMA形態時に露出するフレームが造形されています。ひざ下の〇イエローはシールでの色分けで、裾近くのスタスターはレッドとブラックで塗装が必要です。

主武装のフェダーイン・ライフルを持たせて。右手には専用の持ち手が付属していますが、独特な形状故、しっかりと持たせることができません。ちょっと角度を付けると手首がばらけてしまいます。

カッコいいのですがいかせんポーズが付けづらいキットです。フェダーイン・ライフルのイエロー部分はシールが付属しています。

フェダーイン・ライフルの後部にビーム・サーベルを取り付けて銃剣形態に。付属のサーベルを無改造で取り付けできます。

ビーム・サーベルを持たせて。前腕に合計4本装備されており、サーベルエフェクトは短いタイプの物が2本付属しています。

脚部を変形させ中間形態を再現。いったん脚部装甲を分解し、つま先を外して再現します。内部のフレームが露出。先端のクローは開閉させることができます。

後にハイゼンスレイ2にも搭載される脚部クロー。アニメ内や説明書でもZガンダムを鷲掴みにしているぞ!

MA形態

MA形態に変形。一部差し替えで変形させます。昆虫の様なシルエットに変貌しMS形態からさらに独特な形状となります。フェダーイン・ライフルは機体か下部にマウントし、専用のスタンドジョイントを用いてディスプレイします。

可動範囲はいまいちですが、MS、MA形態ともプロポーションはよく、ディスプレイして眺める分にはよく出来たキットかと。

以上、【HGUC】ガブスレイのレビューでした!

それではご安全に!