【HGUC】メッサーF01型 レビュー

はい!それでは!
今回はHGUC「メッサーF01型」のレビューです!

宇宙世紀100年時代の巨大なMSシルエットが忠実に再現されており、胴体内部に可動軸を設けるなど広い可動のアクションポーズを再現できるようになっています!

組み立て説明書は専用の物が付属します。

  • 登場作品 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
  • 販売年  2020年07月
  • 税込価格 2,750円

HGUC「メッサーF01型」

パッケージはこちら。サブフライトシステムの「ギャルセゾン」に搭乗したメッサー部隊がバックに描かれています。

箱を横から。一般的なHGキットと比べると分厚いパッケージになっていました。

シールはモノアイや各所の動力パイプ基部のイエローを補うものが付属します。

こちらが完成したメッサーF01型になります。

スミ入れとつや消しトップコートのお手軽フィニッシュで仕上げました。

「閃光のハサウェイ」シリーズの機体ということで、HGUCながら非常に巨大なものになっています。

後ろから。バーニア類はゴールドとシルバーで塗装しました。

ネオ・ジオン系のギラ・ドーガ系譜ということで、モノアイや肩のスパイクアーマーなどジオン系の意匠が見て取れます。

頭部をアップで。頭部の窪みはバルカンのようですが、造形は浅めです。

頭部や両肩には動力ケーブルが造形されており、ケーブル基部のイエローはそれぞれシールで色分けを再現します。

その他、胸部の特徴的な形状のダクト部など各所のイエローは別パーツで色分けされています。

モノアイは可動式で、頭部を取り外して動かします。

モノアイはシールで再現されており、予備を含めて3つ付属します。

右肩アーマーにはスパイク、左肩にはスラスターが造形されています。

スパイクは四角型で、ザクなどの円錐型とは異なる形状でした。

その他いろんな角度から。

脚部のイエローのスラスター内は、ブラックで塗装が必要です。

フロントアーマーのスラスターはイエローとブラックで塗装が必要です。

珍しい形状のバックパック。

球体型のスラスターになっており、上下のハッチとバーニアがそれぞれ可動します。

 

可動範囲など。腕は水平くらいに上げることができます。

ひじは折りたためるくらいに曲げることができます。

左ひじにはシールドを取り付けるためのスリットがあります。

両肩の基部には引き出し構造があり、可動範囲を広げることができます。

本キットの売りというか、胴体内部の可動ギミックで前にかがむポーズが得意であり、後ろから見ても隙間が見えにくい作りになっています。

また首関節部分にも引き出し構造があります。

腰を曲げる動きはいまいちで、あまり動かすことができません。

また頭部も横に振る動きは苦手です。

股関節部分は3軸式になっていますが、サイドアーマーなどが干渉するため開脚範囲も狭めです。

ひざはよく曲がりますが、巨体なので膝立ちは少々窮屈になります。

バックパックはハッチを開閉させたりスラスターを上下に動かすことができます。

リアアーマーには可動軸があり、テール・スタビライザーとして展開し姿勢制御などを行えるそうです。

 

ここからは大きさ比較。

18m級のRX-78ガンダムと15m級のVガンダムを並べて。

メッサーが全高23mということで、Vガンダムの頭が腰の位置に来てしまいます。

同じ閃光のハサウェイシリーズのペーネロペーとも並べて。

ペーネロペーと比べたらメッサーが小さく見えますね。

 

付属品はこちら。

ロング・ビーム・ライフル、ビーム・サーベル×2、大型シールド、右銃持ち手が付属します。

またアクションベースに使用できるスタンドジョイントが付属します。

こちらを用いてスタンドにディスプレイします。

余剰パーツは多めで、各所の装甲パーツがランナーの都合でいろいろ余ります。

 

ロング・ビーム・ライフルと大型シールドを装備。

大型シールドはL字のジョイントパーツを介して左腕に取り付けますが、取り付け用のスリットが左腕にしかないので、右腕には装着できない仕様でした。

こちらはロング・ビーム・ライフル。メッサー専用のライフルで右側面にオプティカルサイトを備えており、狙撃などもできるそうです。

グレーの成形色一色ですが、説明書の作例では薄いグリーンのようなので再現するなら塗装が必要です。

ビーム・サーベルは2本付属し、大型シールド裏に装着するかスパイクアーマーの裏側に1本装着することもできます。

ビーム・サーベルを構えて。

マスターグレードサイズの大型のエフェクトが付属します。

適当にポージング。もちろん二刀流もできます。

ハンドパーツも大きいので、他のキットの武装を持たせたりするのは容易ではなさそうです。

テール・スタビライザーを展開して姿勢制御。

リアアーマーには可動軸があり、写真のように展開することができます。

またアーマー内にもバーニアが造形されています。

以上、メッサーF01型のレビューでした!

それではご安全に!