【HGUC】ガンダムMk-Ⅱ(エゥーゴ仕様) レビュー

はい!それでは!
今回はHGUC「ガンダムMk-Ⅱ(エゥーゴ仕様)」のレビューです!

Zガンダムや続編のガンダムZZに登場したガンダムMk-Ⅱですが、リバイブ版としてリニューアルし、プロポーションや可動範囲などアップグレードされましたのでレビューしたいと思います!

組み立て説明書は専用の物が付属します。

  • 登場作品 機動戦士Zガンダム
  • 販売年  2015年11月
  • 税込価格 1,650円

HGUC「ガンダムMk-Ⅱ(エゥーゴ仕様)」

パッケージはこちら。リバイブシリーズの第4弾目としてリリースされました。

ジャブロー降下戦時のガンダムMk-Ⅱや百式が描かれています。

シールはほとんど使用してしまっていますが、センサー類やシールドのイエローを補う物になります。

リバイブ版ガンダムと同じように、メインカメラ部分はクリアパーツの下にシルバーのシールを貼る方式も選択できます。

こちらが完成したガンダムMk-Ⅱ(エゥーゴ仕様)です。

プロポーションも良く、もともと複雑な配色ではないのですが色分けも良好です。

スミ入れとつや消しトップコートで仕上げています。

後ろから。例によってバーニア類はゴールドとシルバーで塗装しました。

肩の側面や脚部バーニアのイエロー部分も別パーツでの色分けになっています。

バストアップで。今風の小顔な作りです。ダクトやコックピットハッチは別パーツで色分けされています。

両胸のセンサーもシールでの色分けになります。

バックパックの中央部分は蓋を取り外せるようなっており、別売りのGディフェンサーを取り付けられるようになっているようです。

またバックパックは中央の四角モールドの接続軸ですが、別途2穴式の軸穴も用意されているので、別キットのバックパックも使用できるようになっています。

リアアーマーは差し替えなしの開閉式でハイパー・バズーカをマウントできます。

可動範囲など。肩関節は上方向に跳ね上げる構造があり、肩は高く挙げることができますが、横方向への可動軸はありませんでした。

ひじは折りたためるくらいに曲がります。

腰回りはアーマーが少々干渉しますが、引き出して屈むことができます。

股関節は3軸式でそこそこ広めの開脚範囲です。

膝立ちもきれいにできます。

フロントアーマーは中央で切り離して組み立てました。

ひざ裏の関節部分にはメッシュのような造形があります。

足首部分にはシリンダーのような造形がありますが、可動ギミックなどはありませんでした。

付属品はこちら。ビーム・ライフル、ハイパー・バズーカ、シールド、バルカン・ポッド・システム、シールドジョイントパーツ×2種が付属します。

写真にはありませんが、ビーム・サーベルも2本付属します。

シールドのジョイントは2種類あり、腕の側面と裏側で取り付け位置を選択できます。

バルカン・ポッド・システムを頭部に装備。接続ピンがあるのでカッチリと接続できます。

センサー部分はシールでの色分けで、左側面のレッド部分は塗装しやすいパーツ分けになっていましたので、マーカーでちゃちゃっと塗りました。

武装をフル装備で。

ビーム・ライフルをぶっ放すガンダムMk-Ⅱ!

ライフルもバズーカもライトグレーの形成色ですが、説明書ではダークグレーとなっていました。

ビーム・ライフルにエネルギーパックを取り外せるギミックなどはありませんでした。

フォアグリップは可動式で両手持ちもできますが、肩関節が前方向にあまり動かないので少々窮屈になります。

ハイパー・バズーカを装備。こちらも砲身部分はホワイトで塗装要です。

こちらもマガジンは脱着できませんでした。

こちらはシールドです。

レッド部分は別パーツでの色分けですが、イエロー部分はシールでの色分けになります。

また裏側にはエネルギーパックが造形されています。

シールドは差し替えで伸縮できます。

ビーム・サーベルを抜刀!バックパックに接続されたものを使用します。

もちろん二刀流もできます。

ガンダムベース限定の百式(ゴールドコーティングVer)とディスプレイ。

クワトロ大尉とカミーユで劇中を再現です!

以上、ガンダムMk-Ⅱ(エゥーゴ仕様)のレビューでした!

それではご安全に!