【メガミデバイス】朱羅 玉藻ノ前 レビュー

はい!それでは!
今回はメガミデバイスシリーズより「朱羅 玉藻ノ前」のレビューです!

メガミデバイス朱羅(アスラ)シリーズより、九尾の狐の化身である伝説上の美女「玉藻ノ前(たまものまえ)」をモチーフとしたメガミデバイスが登場しましたので、レビューしたいと思います!

組み立て説明書は冊子状の物が付属します。

  • メーカー コトブキヤ
  • 販売年  2021年09月(再販)
  • 税込価格 9,900円

メガミデバイス「朱羅 玉藻ノ前」

パッケージと付属の水転写デカールはこちら。お値段¥9,900のてんこ盛りキットで箱の方も大判サイズになっていました。水転写デカールは瞳やマーキングなどを再現できるものになります。

付属品は武装モード一式、各種ハンドパーツ、表情パーツ×3種、扇子(開き、閉じ)になります。朱羅弓兵やM.S.Gシリーズなどのランナーがそのまま流用されているため、余剰パーツもそこそこ出ます。バスト部分に至っては、余剰パーツで丸々4つ組めるようになっており、本来ならいらないランナーも付属している大判振る舞いっぷりでした。

まずはこちらの朱羅 玉藻ノ前(アスラ たまものまえ)の素体モードから。これまでのメガミデバイスシリーズと同じくアーマーを脱いだ素体モードを、パーツ差し替えで再現することができます。スキンカラーはSOLロードランナーなど同じく褐色で、M.S.GシリーズのスキンカラーDを使用することができます。こちらは素組の状態になります。

表情パーツは通常、笑み、マスク着装の3種類が付属しています。どれもマロ眉の妖艶な感じのイヤらしい表情です。それぞれ塗装済のパーツとなっています。

頭部をぐるりと。表情パーツは前髪を外して交換しますが、マスクはその後に付けるようになっています。後ろ髪は軸接続でグリグリ動きます。

後ろ髪はロングタイプも付属しており、好みで交換することができます。

胴体は今にも爆発しそうな感じです。素体はメガミデバイス共通のマシニーカなので、肩の後ろがポロポロ取れやすいですね。

腰は塗装すみパーツの上からフリルを取り付ける構造になっています。

脚部は服飾などない素足となっており、足先も五本指になっています。

扇子を持たせて。開き、閉じ状態がそれぞれ2つずつ付属しています。ちょっとした小道具なのですが、これがあるとかなりポージングの幅が広がる感じがしてなかなか使い勝手が良いです。

ダブルピースもできるぞ!!悪いことにも使えるぞ!!

メイン武装のECM妨害ロッドを持たせて。対戦中のメガミデバイスのセンサーを混乱させるジャマー攻撃を得意とするメガミだそうですね。

いーじゃん!いーじゃんスゲーじゃん!!

武装モード

朱羅 玉藻ノ前を武装モードに換装。他のメガミデバイス同様、手足や胴体などを換装します。脚部がヒール状になるため、立たせるには専用スタンド必須になりますね。

「朱羅九尾」のコンセプトを引き継いでいるということで、マスクと合わせてより狐っぽい形状の頭部に。耳の部分など細かくパーツ分割されています。

胴体は素体モードからバストと腹部を交換します。腕も二の腕から下を取り換えます。

脚部はヒール状のかかとになり自立が困難になりますが、専用スタンドを使用してディスプレイすることができます。ただスタンドも長さが足りないため、少々浮いた状態になります。

ヒール部分は折りたたむこともできるので、スタンドを使用せずに自立させることもできなくはないです。こっちの方がカッコいい気がするぞ!

武装を持たせて適当にポージング。まだM.S.Gシリーズのアーマーを纏った状態ではないので動かしやすいですね。

M.S.Gシリーズのアーマーを纏い九尾モードにチェンジ。両肩にアーマーを取り付け、背中にはスラスターを連結させたものを装着しています。

両肩と背中のスラスターにはM.S.Gシリーズのラピッドレイダーに付属していた装甲を纏っており、スラスターのブレード部分で九尾を再現しているそうです。

両肩のアーマーを脚部に装着することで、スカート形態を再現することもできます。

アーマーを組み替え2機の子狐ドローン「阿」「吽」を再現することができます。スラスターとアーマーの接続にはラピッドレイダーに付属していたピンを使用していますが、結構ゆるゆるなので調整が必要でした。

2機のドローンと並べて。換装は少々面倒ですが、いろんな形態にチェンジできるのでプレイバリューのあるキットだと思います。

ECM妨害ロッドに大弓とクナイ、太刀を取り付けて強化ロッドにすることができます。こちらも取り付け軸がゆるゆるなので調整が必要でした。

以上、【メガミデバイス】朱羅 玉藻ノ前のレビューでした!

それではご安全に!