【コトブキヤ】ウェポンユニット32 日本刀 レビュー

はい!それでは!
今回はM.S.Gシリーズより「ウェポンユニット32 日本刀」のレビューです!

様々なプラモデルと組み合わせて使用できるM.S.Gシリーズより、近接戦闘武器として人気の高い日本刀が立体化されましたのでレビューしたいと思います!

組み立て説明書はパッケージ一体型の物が付属します。

  • メーカー コトブキヤ
  • 販売年  2021年08月(再販)
  • 税込価格 550円

M.S.G「ウェポンユニット32 日本刀」

パッケージはこちら。袋入りの簡素タイプで、裏面が組み立て説明になっていました。

こちらが完成した【コトブキヤ】ウェポンユニット32 日本刀になります。完成と言ってもほぼランナーから切り離すだけですが、刃や柄の部分など塗装する必要があります。内容的には刀身の長さが異なる日本刀が2本、鞘×2本、鞘用のジョイントパーツになります。抜刀状態は鞘から柄を取り外して再現します。

鞘は2本組み合わせか1本だけの状態にすることができます。3ミリ軸で各種プラモデルに装着します。

いろんなバンダイ製ガンプラに持たせて。もともとはロボットプラモ似合わせた設計のようで、刀身が長く大き目な設計になっていました。柄の部分は少々太めなので、ハンドパーツが大きいガンプラならしっかり保持させることができます。

鞘は3ミリ軸接続なので、ボディの各所に軸穴があるキットは相性がいいです。

美少女プラモなどでは少々オーバーサイズ感が。これらのプラモ向けにサイズダウンしたMSG No.47のVer.2が別途リリースされているようです。

以上、【コトブキヤ】ウェポンユニット32 日本刀のレビューでした!

それではご安全に!