【独り言】ニッパー買い換えました。

【メガミデバイス】朱羅 九尾 火舞羅【コトブキヤショップ限定】レビュー

はい!それでは!
今回はコトブキヤショップ限定メガミデバイス「朱羅 九尾 火舞羅」のレビューです!

メガミデバイス朱羅(アスラ)シリーズより、2022年2月10日~14日に台湾で開催されたイベント『2022台北國際動漫節』の限定品である朱羅 九尾 火舞羅が、コトブキヤショップ限定で発売されましたのでレビューしたいと思います!

組み立て説明書は冊子状の物が付属します。

  • メーカー コトブキヤ
  • 販売年  2022年03月
  • 税込価格 8,360円

メガミデバイス「朱羅 九尾 火舞羅」

パッケージはこちら。本キットは先に発売された「メガミデバイス 朱羅 九尾」の台湾イベント限定カラー版だそうで、日本ではコトブキヤショップ限定という販売方式になりました。先月2月中旬の予約開始後わずか3週間ほどで発送されたので、もう来たのかって感じです。

パッケージイラストは通常カラー版の九尾をモノクロにした物のようで、火舞羅(ホムラ)をイメージした明るい赤色カラーに。

水転写デカールも通常版からカラーリングが変更されたようで、各所のゴールド模様を再現できるものになります。

説明書は通常版の物が付属。これとは別に補足のカラーガイド用のペラ紙も付属していました。

付属品は表情パーツ×3種、キツネ面、各種ハンドパーツ、武装モード一式、槍、専用スタンドなど、通常版と同じ内容のようです。

朱羅 忍者やM.S.Gラピッドレイダーのパーツなどが流用されているため、余剰パーツもそれなりに。ジョイントやポリキャップが大量に余ります。

こちらが完成した【メガミデバイス】朱羅 九尾 火舞羅の素体になります。元キットとなった通常カラー版の九尾は所持していないので比較はできませんが、火舞羅(ホムラ)ということで、全体的に炎をイメージしたレッドとゴールドを組み合わせたカラーリングに変更されています。こちらは素組みの状態です。

表情パーツは通常顔、キレ顔、泣き顔の3種類が付属。どれもタンポ印刷された物で、公式を見た感じ表情は通常版と同じっぽいですが、瞳の色はイエローに。泣き顔のマスクは別パーツでの再現。

また塗装済パーツでキツネ面も付属しており、表情パーツと交換したり頭部にお面っぽく取り付けできます。

ヘアスタイルもポニーテール、ショートツインテール、ロングツインテールの3種類から選択可。ヘアカラーはブラウンの落ち着いた色になり、組み立て後でも自由に交換できます。

すげえ爆乳。

ボディをまとめてぐるりと。九尾のカラバリ品なので、最新キットのスサノヲのように新設計ムチムチ素体ではなく、通常タイプの細めの素体。腰パーツ部は塗装済パーツになっています。

適当にポージング。泣き顔がいろんなシチュエーションで使えるので、ポージングが捗る捗る。

付属の武装を持たせて。槍などクリア部はクリアグリーンパーツになっており、基本カラーのレッドとの組み合わせで綺麗な色合いに。

その他の武装も装備。大元は朱羅 忍者ということで、そちらに付属していた武装はひと通り揃っているようです。

武装モード

武装モードでぐるりと。バックパックなしの状態です。手足などを素体と交換して再現しますが、武装モードの手足も火舞羅カラーに合わせてレッドとゴールドの組合せに。

頭部は後頭部パーツを交換。こちらも3種類のヘアスタイルから選択できます。

武装モードでもはちきれんばかりのお乳。乳首を隠しているだけみたいでまるでユーチューバーだな!

その他全身をぐるりと。この辺りは元キットの朱羅 忍者のデザインそのままのようですね。火舞羅仕様で全身レッドとゴールドで統一されています。

バックパックを装備して九尾モードで。背面のブレード合計9本で九尾を再現しているようですね。

メイン武装の槍を持たせてポージング。背負いものがかなりゴテゴテしてて動かし難いですが、適当にポーズを採らせてもなかなか様になるぞ!

外装パーツはM.S.Gラピッドレイダーの物が使用されており、こちらのフレズヴェルクとのセットカラー版と同じカラーリングになっていました。

外装パーツの取り付け位置を変えてスカートモードにチェンジ。下半身にパーツが集中して重厚なシルエットに。

脚部に追加アーマーパーツを取り付けているので、脚を動かすのにかなり干渉します。九尾モードよりもポーズをつけ辛いです。

外装パーツの取り付け位置を今度は腕に変えてマントモードを再現。頭部にはブレードパーツを取り付けています。

こちらは腕にアーマーを取り付けているので、武器類を持たせ辛いです。

武装モードでポージング。説明書に記載されている以外にも、付属のジョイントパーツを駆使して自由にカスタマイズできますね。細かいパーツが多くかなりゴテゴテしたキットですが、いい意味で以外にもポロリは少なくストレスフリーで動かせました。

以上、【メガミデバイス】朱羅 九尾 火舞羅のレビューでした!

それではご安全に!