【コトブキヤ】ワンダーウーマン Humikane Shimada Ver. レビュー

はい!それでは!
今回はコトブキヤより「ワンダーウーマン Humikane Shimada Ver.」のレビューです!

コトブキヤから販売されているプラモデルより、島田フミカネ氏が新たに書き下ろしたDC COMICSの「BIG3」の1人、ワンダーウーマンをレビューしたいと思います!

組み立て説明書は冊子状の物が付属します。

  • メーカー コトブキヤ
  • 販売年  2021年01月
  • 税込価格 6,380円

コトブキヤ「ワンダーウーマン Humikane Shimada Ver.」

パッケージと付属の水転写デカールはこちら。他のコトブキヤ系キットと同じくタンポ印刷済の表情パーツとは別に水転写デカールも付属しています。

付属品はこちら。表情パーツ×3種、ソード、シールド、ラッソ・オブ・トゥルース(真実の投げ縄)短長1本づつ、各種ハンドーパーツ、シールドエフェクト、各種ジョイントパーツ、太ももパーツになります。

こちらが完成したワンダーウーマン Humikane Shimada Ver.になります。元々はアメコミキャラですが、島田フミカネ氏が新たに書き下ろしデザインしたイラストをもとにプラモデルキットとして立体化されました。

こちらはスミ入れとつや消しトップコートを吹いた状態になります。

表情パーツはタンポ印刷済の物が3種類付属しており、正面向き普通顔、左向き普通顔、叫び顔となります。額あての☆パーツ部分は塗装済のパーツが付属しています。

頭部をアップで。立体感のあるヘアスタイルです。写真では分かり難いですが、サイドの毛先部分が少しだけ動きます。

胴体部分をアップで。映画「ワンダーウーマン1984」の金ピカとスカートのイメージが強いのですが、褐色の肌色でブルマの様なデザインで立体化されています。

胸のスリット状のパーツは塗装済のパーツが付属しています。背中と上半身の境目ですが、ちょっと前かがみになると隙間が目立つ感じになります。

脚部もすらっとしたデザインです。太ももなどに装飾パーツが装備されていますが、あまり可動の邪魔にはなりませんでした。

太ももパーツは付け根部分が肌色の物も付属しており、好みで選択することができます。

ソードとシールドを装備。ソードは武器持ち手でしっかりと持たせることができます。

適当にポージング。メガミデバイスなどと比べてシンプルなデザインのキットなので、非常に動かしやすいです。

ソードとラッソ・オブ・トゥルースは腰にマウントすることができます。またシールドは四角軸と丸軸の2種類のジョイントが付属しています。

シールドにはエフェクトパーツが付属しています。表面に取り付けるだけのシンプルな物です。シールド表面のワンダーウーマンロゴは塗装が必要です。

腕のガントレットに装着されている短剣は取り付け位置を変えることができます。

ガントレットを外して腕をクロスさせたポーズで。

ラッソ・オブ・トゥルース(真実の投げ縄)を装備。映画などでもビュンビュン飛び回ってたイメージが。明るいイエローのリード線で再現されており、発光しているようにも見えます。

腰には短いタイプを、アクションには長いタイプの物を使用します。

怪しいSDくノ一を捕まえたぞ!

HENTAIウッディを捕まえたぞ!!

以上、【コトブキヤ】ワンダーウーマン Humikane Shimada Ver.のレビューでした!

それではご安全に!