【株式会社ガンダム】ガ~ンダム♪ガ~ンダム♪

【イベント限定】ガンダムバエル[クリアカラー] レビュー

はい!それでは!
今回はイベント限定HGIBO「ガンダムバエル[クリアカラー]」のレビューです!

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」より、厄祭戦時にアグニカ・カイエルが駆ったとされるガンダム・フレーム「ガンダムバエル」がクリアカラーとなって登場しましたのでレビューしたいと思います!

組み立て説明書は通常カラー版の物プラス、補足の部品注文書が付属します。

  • 登場作品 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
  • 販売年  2017年12月
  • 税込価格 1,510円

パッケージ・付属品

パッケージと付属のシールはこちら。パッケージはモノクロカラーでシールは一般販売の通常カラー版と同じ物が付属します。再販された物なのでマッキーのイラストは無くなっているっぽいですね。

付属品はバエル・ソード×2、ブレードホルダーになります。余剰パーツはありませんでした。

レビュー

こちらが完成した【イベント限定】ガンダムバエル[クリアカラー]になります。300年前に人類とモビルアーマーとで繰り広げられた厄祭戦時に開発された72機のガンダム・フレーム機で、バエルはその1番目の機体。ギャラルホルンの祖であるアグニカ・カイエルが駆ったとされる機体で、鉄血本編ではマッキーが乗っていた機体になります。クリアカラー版ということで白い装甲は乳白色カラーとなっていました。こちらは素組の状態です。

頭部をアップで。横方向に長く伸びたVアンテナが特徴的。額や口元はクリアブルーとなっていますが、アンテナ先端の青い部分はシールで色分します。

胴体をアップで。胸のダクトも黄色いクリアパーツとなっています。左肩のギャラルホルンエンブレムや、コックピット周辺のグレー部分をシールで色分するようになっています。

腕部をアップで。やっぱりガンダム・フレーム機は内部フレームがしっかり造形されているのでクリアカラーと相性がいいですね。肩アーマーにはバルバトスと同じような電源マークが造形されており、内部にピンクのシールを貼って色分けできるようになっています。

バックパックには左右に大型のスラスターウイングが備わっており、アームでぐりぐり動かすことができます。こちらもクリアカラーになっていますが、ウイング内がすかすかなのがバレバレェ!

それぞれ電磁砲が備わっているということで、砲口と下部のダクト内をシールで色分できます。

腰回りをぐるりと。この辺りも他のガンダム・フレーム機と同じような構造で、かなり組み立てやすい。フロントアーマーの電源マークはシールで再現できます。

リアアーマーにはブレードホルダーを装着できます。ホルダーにはバエル・ソードをマウント可能。

脚部をアップで。ヒザや足先などクリアブルーのパーツで色分。こちらも腕同様ガンダム・フレームが良く見えるのでカッコいいですね。ふくらはぎ装甲の青い部分やヒザ下のグレーをシールで色分けします。

アクション

バエル・ソードを持たせてアクション。バエル・ソードの希少金属部分はクリアパーツではなく金メタリック調の成形色。これ2本でモビルアーマーを駆逐していたっていうから、やっぱりすげぇよアグニカは。

他に武装が無いからバエル・ソードでひたすらブンドドするしかないぞ!!

皆、バエルの元へ集え!!!!!!

・・・。

プラモデル1/144 HG ASW-G-01 ガンダムバエル クリアカラー 「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」 イベント限定 [0221634]

プラモデル1/144 HG ASW-G-01 ガンダムバエル 「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」 [ 0214479]