【独り言】ニッパー買い換えました。

【イベント限定】ガンダム4号機[クリアカラー] レビュー

はい!それでは!
今回はイベント限定HGUC「ガンダム4号機[クリアカラー]」のレビューです!

宇宙世紀を舞台にしたゲームソフト『機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに・・・』にガンダム5号機と共に登場するMS、ガンダム4号機がクリアカラーとなって登場しましたのでレビューしたいと思います!

組み立て説明書は白黒の物プラス、補足の部品注文用紙が付属します。

  • 登場作品 機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに・・・
  • 販売年  2022年01月
  • 税込価格 2,475円

iconicon

イベント限定「ガンダム4号機[クリアカラー]」

パッケージと付属のシールはこちら。ガンダム4号機の機体カラーに合わせた青系モノクロパッケージで、ホイルシールやパイロットのルース・カッセル中尉、サラブレット隊などのエンブレムを再現できるマーキングシールは、元キットとなった通常カラー版と同じ物が付属しています。

付属品も通常カラー版と同じ内容で、ハイパー・ビーム・ライフル、シールド、ビーム・サーベル×2本、メガ・ビーム・ランチャー、右手銃持ち手、Bst形態用パーツとなります。

キットはプレバン限定のHGUCガンダム6号機のパーツが一部流用されているため、銃持ち手とシールドに使用するポリキャップ型の接続パーツが一つだけ余剰となります。

こちらが完成した【イベント限定】ガンダム4号機[クリアカラー]のノーマル形態になります。PS2ゲーム「機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに・・・」に登場するサラブレット隊に5号機と共に配備された機体で、パイロットはルース・カッセル中尉。プレバン限定で発売された通常カラー版のガンダム4号機のカラバリキットで、付属品など内容は同じ物になっています。こちらは素組みの状態です。

同時発売の兄弟機、ガンダム5号機[クリアカラー]と並べて。通常カラー版はプレバン受注時期に1年ほど差が開きましたが、こちらのクリアカラー版は同時発売となりました。

【イベント限定】ガンダム5号機[クリアカラー] レビュー

頭部をアップで。メインカメラの隈取部や口は4号機の機体カラーに合わせてクリアブルーのパーツとなっています。左右のダクトイエロー部も別パーツで色分けされています。

胴体や肩周りをアップで。5号機との違いは胸ダクトの形状で、4号機は上半分が塞がったデザインになっています。

関節パーツはガンダム6号機マドロックの物が流用されており、ひじ関節部には別途ロール軸も備わっています。前腕部にはビームガンが造形されています。

ノーマルモードの肩アーマーをアップで。Bst形態用パーツを取り付けられる構造になっており、大きさもこじんまりした部位になっています。

バックパックもBst形態用のプロペラントタンクを取り付けられる形状に。左右の丸モールドなど色が足りない部分がちょこちょこありますが、大部分はパーツ分割で色分けされています。

腰回りや脚部もRX-78シリーズの中ではアムロ・レイの搭乗した2号機に近いデザイン。スラスター類のイエローなどは塗装で補います。

ハイパー・ビーム・ライフルとシールドを装備。これらはHGUCペイルライダー系キットの物がそのまま流用されています。

ノーマルモードのガンダム5号機と一緒にブンドド。通常カラー版は共にプレバン限定品なので今となっては入手が困難ですが、クリアカラー版ならガンダムベースでも購入できるぞ!

ガンダム4号機[Bst]形態

肩アーマーとプロペラントタンクを取り付けてBst形態を再現。ノーマルモードから一変して上半身がゴツいシルエットに変わります。

肩アーマーをアップで。設定通りノーマルモードの肩アーマーに追加アーマーを被せる方式になっていますが、その分デカくなりすぎな感も。複雑な配色ですが、後方のスラスター以外はパーツ分割で色分けされています。

バックパックにはプロペラントタンクを装着。こちらもペイルライダー(空間戦仕様)の物が流用されています。

通常カラー版のガンダム4号機[Bst形態]と並べて。棚から引っ張り出して久々に見ましたが、結構複雑な配色をしてるのな。

【HGUC】ガンダム4号機【プレバン】レビュー

Bst形態でブンドド。メガ・ビーム・ランチャーは未使用時にはバックパックに懸架できます。シールド表面は真っ白ですが、付属のシールで色分けできます。

メガ・ビーム・ランチャーをぶっ放すガンダム4号機。ゲームで大爆発した補助ジェネレーターも再現されており、接続されたエネルギーケーブルは赤いリード線で再現されています。

以上、【イベント限定】ガンダム4号機[クリアカラー]のレビューでした!

それではご安全に!