【プロモーションを含みます】12/9(金)~12/11(日)駿河屋クリスマスセール開催中ゥ!

【雑記】YOKOHAMA BASEスタンプラリー&ガンプラトライアルキット レビュー【GFY】

はい!それでは!
今回は横浜ベイエリアで開催されている「GUNDAM NEXT FUTURE YOKOHAMA BASE スタンプラリー」へ行ってきましたので、その時の模様をご紹介したいと思います!

  • 開催期間 2022年7月16日~7月31日まで

YOKOHAMA BASEスタンプラリー

前回はGUNDAM FACTORY YOKOHAMA(GFY)へ行って来た模様を記事にしましたが、今回は日本全国の主要都市でイベントが行われる「GUNDAM NEXT FUTURE」開催に合わせて、一足先に横浜ベイエリアスタンプラリーイベントが開催されていたのでそちらに参加してきました。参加と言ってもスタンプの置いてある5箇所のポイントを自由に周るというもので、誰でも無料で参加できます。

スタンプは10月から放送予定の「機動戦士ガンダム 水星の魔女」に登場するキャラクターとMSになっており、全部で5つあります。スタンプをすべて集めるとゴールのGFYでガンプラ&スペシャルデカールセットが貰えるということで、観光がてら張り切って横浜ベイエリアを散策してみました。

みなとみらい駅

JR横浜駅からみなとみらい線に乗車しみなとみらい駅で下車。駅内のみらいチューブB3階改札外コンコース広場にガンダムヘッド像が設置されており、そこに最初のスタンプがありました。ここでは水星の魔女主人公機「ガンダム・エアリアル」のスタンプを押印出来ます。各スタンプスポットでは水星の魔女登場キャラのパネルも展示されていました。

横浜ランドマークタワー

みなとみらい駅から10分ほど歩き横浜ランドマークタワーへ。この建物内だけで計3つのスタンプスポットがあるので、横浜でスタンプを5つ集めるのには実質3カ所の施設を周るだけで良いことになります。

タワー内のランドマークプラザ1階フェスティバルスクエアには、エアリアルやユニコーン、νガンダム等の立像と今後発売される水星の魔女シリーズのガンプラやフィギュアライズ等が展示されていました。水星の魔女PVも上映されており、子供連れや老夫婦など老若男女関係なく足を止めて観覧する人が多く居ました。

順番は前後しますがここでは3つ目のスタンプ「ディランザ(グエル専用機)」を押せました。

フェスティバルスクエアの奥に進むと中央が吹き抜けになったサカタのタネ ガーデンスクエアがあり、ここには7m大のガンダム・エアリアル バルーンが設置されていました。

1階と3階から撮影。1時間に4回ほど照明などを使用した演出がなされており、エアリアルの色が赤や黄などに変わっていました。階ごとに色んな角度から観ることが出来ますが、3階から観るとエアリアルを正面から観ることが出来ます。ビームライフルから発射されてるビームが曲がって水鉄砲みたいになってるでござる。

更に3階ではガンダムR作戦の一貫でエコプラも無料配布されていました。こちらも色んな人が受け取っており、その場で組み立てる事も出来るようになっていました。後日組み立ててレビューしたいと思います。

サカタのタネ ガーデンスクエア1階では2つ目のスタンプ「スレッタ」を、ランドマークタワー3階では4つ目のスタンプ「ガンダム・ファラクト」を押すことが出来ます。

元町・中華街駅

再びみなとみらい線に乗車し終点の「元町・中華街駅」へ向かうと、4出口改札外に最後のスタンプがあります。

なんですけど、みなとみらい駅からは3駅だったので、今回は運動&観光がてら歩いて横浜中華街へと向かうことにしました。(決して電車代をケチった訳ではない)

道中にあった神奈川県庁。ここにたどり着くまでに猛暑の中の歩きを選択したことを激しく後悔。気温30℃超えの中、だいたい40分ぐらい歩いたぞい!

こちらは前日に撮影した横浜マリンタワー。横浜ベイエリアって目印になる建物が多いで迷わず目的地にたどり着けるぞい。

元町・中華街駅内の4出口改札付近にスタンプスポットがありました。改札出てすぐなので場所は分かりやすいかと思います。

スポットにはシャディクとスレッタそれに半透明オジイのパネルがあり、5つ目のスタンプはシャディクの搭乗機「ミカエリス」になっていました。

5つのスタンプを集めたらあとはGFYへ向い、正面入口の窓口でガンプラとデカールを受け取ることが出来ます。(2日連続でGFYに行ったオレ)

【雑記】GUNDAM FACTORY YOKOHAMA エンジョイ潜入レポート【GFY】

オリジナルデカール

こちらがスタンプラリーを5つすべて集めて貰えるオリジナルデカール。「NOT FOR SALE」なので勿体なくて使えないでござる。内容的には一緒に貰えるトライアルキット向けのようですが、1/144スケールのキットにもちょうど良さそうです。水星の魔女の告知もデカールになっていました。

ガンプラトライアルキット RX-78-2 ガンダム

そしてこちらがスタンプラリー報酬キットのパッケージです。1ランナー構成ですがトリコロールカラーはしっかり色分けされているようです。

こちらが完成したガンプラトライアルキット RX-78-2 ガンダムになります。トライアルキットということでエントリーグレードよりさらに簡素化されており、対象年齢6歳以上ということでガンプラを初めて組む人向けの入門キットになっているようです。ランナーはタッチゲート式でニッパーなどの工具不要となっています。

1/144スケールのガンプラと比べるとだいぶ小さ目で説明書などにスケールは記載されていないのでノンスケールのようですが、昔あったハイコンプロと同じ位なのでおそらく約1/200スケールだと思われます。

各所をぐるりと。トリコロールカラーと白だけなので、関節やハンドパーツは白く、バックパックは青くなっています。ビーム・ライフルやシールドなどは付属しておらず、ビーム・サーベルも抜刀できませんでした。

小さいながらメインカメラや腰の連邦V字マークはエントリーグレードと同じくパーツ分割での再現でした。

下半身をぐるりと。スネなどは左右分割式なので中央に合わせ目ががっつり。足首はピンと伸ばす動きは出来ませんが、アキレス腱伸ばしのような動きは大きくできます。

もう途中でめんどくさくなってニッパー使わずに素手でランナーから引きちぎってしまったぞ!!

エントリーグレードよりさらにシンプルなパーツ構成なのですが、可動範囲はなかなか広く腕を高く上げたり綺麗にヒザ立ちできたりします。

適当にアクション。スタンド穴はないのでクリップパーツで浮かせてます。ハンドパーツは長方形型の穴になっているので、SDガンダムの武装など何かしら持たせられると思います。

以上、【雑記】YOKOHAMA BASEスタンプラリー&ガンプラトライアルキット レビューでした!

それではご安全に!