【イベント限定】RG クロスボーン・ガンダムX1 [チタニウムフィニッシュ] レビュー

はい!それでは!
今回はイベント限定商品の1/144スケールRG「クロスボーン・ガンダムX1 [チタニウムフィニッシュ]」のレビューです!

RGクロスボーンガンダムX1「ガンプラEXPO2020」開催に合わせてチタニウムフィニッシュ仕様となって登場しましたのでレビューしたいと思います!

組み立て説明書は一般販売のクロスボーンガンダムX1のものと補足の部品注文用紙が付属します。

  • 登場作品 機動戦士クロスボーンガンダム
  • 販売年  2021年01月
  • 税込価格 6,050円

icon

イベント限定「RG クロスボーン・ガンダムX1 [チタニウムフィニッシュ]」

パッケージと付属のリアリスティックデカールおよびアドヴァンスドMSジョイントはこちら。通常カラー版と同じで機体各所のコーションマークや胸のクロスボーン・バンガードの紋章を再現できる物になります。MSジョイントはバックパックスラスター基部と胴体部分のみになります。

付属品と余剰パーツはこちら。ザンバスター、ヒート・ダガー×2、ビーム・サーベル×2、ブランド・マーカー×2、ビーム・シールド、ABCマント、各種ハンドパーツ、シザー・アンカー×2、グレネード、1/144スケール キンケドゥ・ナウ フィギュア、スタンド用のジョイントになります。

また手の甲や太もも部分の装甲が余剰となるのも通常カラー版と同じになります。

こちらが完成したイベント限定リアルグレード クロスボーン・ガンダムX1 [チタニウムフィニッシュ]になります。先に一般販売でリリースされたクロスボーン・ガンダムX1のカラバリ品でホワイト部分の装甲パーツがチタニウムフィニッシュ仕様となっています。

本キットは2020年11月に開催されたGUNPLA EXPOに合わせてプレバンにて受注されたキットになります。

頭部をアップで。メインカメラは通常とアイパッチの選択式となっているため、アイパッチの方で組んでみました。フェイスオープン機構も備わっています。

胴体、バックパックをアップで。ホワイトの装甲はチタニウムフィニッシュ仕様となり、レッドやブラック、イエロー部分はメタリック調の成形色パーツが使用されています。

脚部をアップで。元々アンダーゲートを多用していたキットなので、チタニウムフィニッシュとなってもゲート跡はあまり目立たないかと思います。

元キットのRGクロスボーン・ガンダムX1通常カラー版と並べて。付属品や可動範囲など、内容はこちらと同じになります。

【RG】RG クロスボーン・ガンダムX1 レビュー

付属する様々な武装を装備させて。ビーム・シールドは1枚だけの付属ですが、通常カラー版の物と合わせれば2枚同時展開もできそうですね。

ビーム・サーベルやヒート・ダガーを取り付けて。組み立てたばかりで関節のテンションも丁度良いので、ポージングしやすいです。

ブランド・マーカーやシザー・アンカーなどトリッキーな武装も多いので動かしていて楽しいですね。

バスターガンとビーム・ザンバーをドッキングさせてザンバスター形態に。こちらの武装もチタニウムフィニッシュ仕様となっています。

コア・ファイターをアップで。専用のクリアカラーのスタンドジョイントが付属しているので、スタンドでディスプレイできます。

1/144スケール キンケドゥ・ナウ フィギュアも超アップで。キンケドゥもチタニウムフィニッシュ仕様となっています。

ABC(アンチ・ビーム・コーティング)マントを装備させて。こちらも通常カラー版と比べるとテッカテカのメタリック調のカラーリングとなっています。

以上、【イベント限定】RG クロスボーン・ガンダムX1 [チタニウムフィニッシュ]のレビューでした!

それではご安全に!