ガンプラレビューサイト界の水龍敬ランドことプレナム速報へようこそ!

【メガミデバイス】皇巫 スサノヲ レビュー

[PPRP]駿河屋

新緑セール第2弾

[PPRP]Amazon阿漕な価格で販売中!![5/24 20:30更新]

[これガンプラ?][ToyBase] 造 ZAOWORKSHOP 1/100 神諭 神谕 神託 ORACLE 聖徒 機甲 可動 変形 合金フレーム 組立式プラモデル フルセット

[ガンプラではない]「RCW」Genesis 無限次元 1/100 第一弾 創世 機甲 可動 合金 変形 組み立て式 プラモデル DX版

[私がそう判断した]HiPlay 無限新星 1/100 リザド 機甲 可動 プラモデル フルセット

[14%OFF]フィギュアライズスタンダード ガンダムビルドメタバース あばたーふみな 色分け済みプラモデル

[26%OFF]フィギュアライズスタンダード SYNDUALITY(シンデュアリティ) エリー 色分け済みプラモデル

[4%OFF]chitocerium I hydra 1/1スケール 組み立て式プラモデル

[22%OFF]壽屋(KOTOBUKIYA) フレームアームズ・ガール 金剛 全高約162mm ノンスケール プラモデル

[23%OFF]壽屋(KOTOBUKIYA) メガミデバイス アリス・ギア・アイギス Expansion 高幡 のどか 全高約205mm

[15%OFF]劇場版『グリッドマン ユニバース』 新条アカネ[ニューオーダー] ノンスケール 組み立て式可動プラスチックモデル

[5%OFF]KADOKAWA PLASTIC MODEL SERIES 「とある科学の超電磁砲T」 御坂美琴 全高約163mm DX ver. 色分け済みプラスチックモデル

[PPRP]プレミアムバンダイ

iconiconiconiconiconiconiconicon

【プレナム速報 今週のPICK UP】

【HGCE】ライジングフリーダムガンダム[クリアカラー]【劇場公開記念パッケージ】レビュー

はい!それでは!
今回はメガミデバイスより「皇巫 スサノヲ」のレビューです!

コトブキヤの美少女プラモデルシリーズ メガミデバイスより、朱羅の後継機にして神の名を冠したメガミデバイス「皇巫 スサノヲ」が登場しましたのでレビューしたいと思います!

組み立て説明書はカラーの物が付属します。

  • メーカー コトブキヤ
  • 販売年  2022年01月
  • 税込価格 9,900円

※2023/08/27 写真を差し替えました。

パッケージ・付属品

パッケージは大判タイプのドデカ箱で、従来の箱とは異なり裏側にも同じイラストが記載されている完成品フィギュアのようなボックスタイプでした。

スサノヲの表情をアップで。自分が組んだプラモデル史上、最高に色っぽくて可愛いです。

股間をアップで。自分が組んだプラモデル史上、最高に食い込んでます。

ボディ各所のマーキングや瞳を再現できる水転写デカールが付属します。キットのボリュームとは反比例し数は少なめで良心的な量です。

付属品は表情パーツ×3種、ハンドパーツ×7種、メガミデバイス専用スタンド、武装モード一式、天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)、二の腕&太ももリングジョイント、武器保持用フレーム×2、FAガール対応首関節、展示ベースになります。一緒に写し忘れたのですがクラウドスマッシャー用のグリップパーツも付属します。

同じランナーが2枚付属している物は予備パーツ扱いで、ボール軸のジョイント類は余剰パーツとなります。

レビュー(素体モード)

こちらが完成した【メガミデバイス】皇巫 スサノヲの素体になります。メガミデバイスシリーズでは久々の新作でナンバリングは16。素体は完全新規ボディということでM.S.Gのトップス、ボトムスセットと同設計の四肢が使用された、後にBlock 1.5Lと呼ばれる可動も見た目も抜群な素体が使われています。

皇巫(オウブ)シリーズは朱羅(アスラ)シリーズの発展型新世代機だそうで、装甲や武装は和テイストなデザイン。武装モードへの換装は四肢をAUVフレームに取り換えた後に装甲を取り付けていく方式で、組み換えをパターンを変えることでインセインモードやブルータルモードなど様々な形態を再現できます。

【メガミデバイス】皇巫 スサノヲ 蒼炎 レビュー 【メガミデバイス】皇巫 アマテラス レガリア レビュー 【メガミデバイス】皇巫 スサノヲ 紅蓮 レビュー

表情パーツは封印顔、ドヤ顔、覚醒顔の3種類が付属。グリーンとレッドのオッドアイで、普段は中二病よろしく左目レッドを眼帯で隠してるようです。タンポ印刷の精度もよく、ほほのチークなどかなり色っぽくてメチャクチャ可愛いです。

封印顔は顔の半分くらいが黒い別パーツになっています。

ヘアスタイルは複数のパーツによる立体的な作り。ツインテール状に束ねた後ろ髪はボール軸で可動します。

首関節はFAガールや創彩少女庭園などに対応する径の物に交換できます。

バストやボディスーツ各所はプラ製ですが、布のパツンパツン感がリアルに造形。肩周りも新規ボディで程よい肩幅になっており、バスト下の金色部分には塗装済パーツが使われています。

肩甲骨部はM.S.Gトップスセットと同じ1パーツ構成で動かしていてもばらけないようになっています。

腕部もボディに合わせてバランスの新規造形素体。ハンドパーツはメガミデバイスの標準的な物7種類が付属します。

腰回りは食い込みハイグレ部分を塗装済パーツで再現。太ももはガーターベルトになっており、股関節はM.S.Gボトムスセットと同じ座って足を組める引き出し構造タイプになっています。

全体的に程よい太さでめっちゃムチムチな脚部。ヒザ下にロール可動軸が造形されています。

二の腕と太もものリングジョイントは血の様なクリアレッドカラーで、3mm軸穴付きの物に交換できます。

レビュー(AUV(Accel Unleashed Vanguard)フレーム)

スサノヲの手足をAUV(Accel Unleashed Vanguard)フレームに換装。義手義足のようなメカニカルな四肢で、公式の説明では巨大化した武装や装甲を容易く駆動できるそうです。各所に3視軸穴や軸ピンが備わっており、こちらに武装モードの装甲を取り付けて換装する構造になっています。

腕はシンプルだった素体からガンダムのようなメカニカルなデザインに変化。二の腕のリングジョイントは取り外し、手首パーツは素体モードと同じものを使用します。

脚部もかなりメカメカしたデザインで各所の3ミリ軸穴が目立つ作りになっています。足首は1パーツのかなりシンプルな物ですが、自立はしっかりできます。

レビュー(ヴィジランスモード)

AUVフレームに各アーマーを取り付けて武装モードのヴィジランスモードに換装。素体⇒AUV⇒ヴィジランスモードの順に換装するようになっています。他のメガミデバイスと比べてかなり大ボリュームな武装モードで、キットのパーツ数もかなり多く全部組み立てるのに6時間くらいかかったでござる。

頭部はツノが生えて、後ろ髪の束ねたツインテールは無くなってシンプルなショートヘアに。頭部は素体モードの物から丸ごと交換します。側面に3ミリ軸穴がありますが、特に取り付けるパーツはないのでカスタマイズに使えるようです。

バストと襟パーツは武装モード用の物に交換します。

腕部は二の腕や側面に装甲を取り付け。クリアレッドやパープルなど複数のカラーが使用されており、素組みでもかなり情報量の多い仕上がりになります。

腰にはフィン型の装甲を取り付け。左右でそれぞれスイング可動します。前面の十字型の装飾は細かいパーツで色分されています。

脚部もAUVフレームに追加装甲を取り付けていく方式。トゲトゲした意匠の目立つデザインでより中二病っぽくなります。かなりゴテゴテしていますが可動範囲は広く、ヒザ立ちもキレイにできます。

リアハンガーの左右に装着されているマルチアーマメントケープ。前面に展開して肩アーマーっぽいシルエットになる部位で、クローなどが収納されています。

リアハンガーはメタリック調の成形色パーツで造形。腰に装着するようになっており、展示ベースもスサノヲの巨体を支えるために支柱が太い物を使用します。マルチアーマメントケープを接続しているアーム部は伸縮可動します。

リアハンガーには赤いクリアパーツ製のグラビティコントロールユニットを取り付け。左右のパーツを連結して輪っか状にしています。前面には勾玉状のパーツを取り付けています。

メイン武装の天叢雲剣。武装モードのスサノヲよりも巨大な剣で、刃部分にはクリアレッドのパーツを使用。スカイウォードアックスとクラウドスマッシャーに分離することができ、未使用時はグラビティコントロールユニットにマウントできます。

レビュー(インセインモード)

ヴィジランスモードからインセインモードに換装。マルチアーマメントケープなどの取り付け位置を変えた人間離れした攻撃的なシルエット。インセインモードは攻撃と機動力重視の形態だそうで、ヴィジランスモード時よりも手足が長くなっています。

頭部はマスクを装着。前髪パーツごと専用の物に交換します。

リアハンガーに装備されていたマルチアーマメントケーブは両腕に大型クローの様に装着。クロー部は赤いクリアパーツで再現されており、4本のクローはそれぞれ独立可動します。

足先も変形させて獣チックな形状に。かかととつま先位置が上がるので、この変形でかなり脚長なシルエットとなります。

グラビティコントロールユニットは二つに分離して前面に展開。内部に収納されていたツメをそれぞれ展開します。

マルチアーマメントケープに装着していたウイングパーツはリアハンガーのアームに取り付けます。

ウイングパーツの一部は天叢雲剣に装着。グリップの軸ピンを使ってクローで持たせることができます。

レビュー(ブルータルモード)

インセインモードからさらに各武装の取り付け位置を変更してブルータルモードに換装。グラビティコントロールユニット含め全てをウェポン化して守りを捨てた捨て身の形態だそうです。インセインモードからより人間離れしたシルエットに変貌したぞ!

グラビティコントロールユニットはリアハンガーから取り外して両腕のクローに装着。クローに取り付けられていたフィンパーツは脚側面に移動させます。

天叢雲剣は背中に取り付けてテールブレード形態に。武装を尻尾にするという天才の発想。グリップ部はリアハンガーに取り付けます。

アクション

素体モードでアクション。素体がメチャクチャ動くし表情も豊かだしでポージングが捗る捗る。

AUVフレームでアクション。素体モードと同じ様に動かせます。この状態で別売りのM.S.Gや武装を取り付けて遊ぶのも面白そうだぞ!!

ヴィジランスモードで天叢雲剣を装備。

天叢雲剣でブンドド。手首と天叢雲剣を接続できるフレームパーツも付属しているのでしっかり保持できます。スサノヲよりデカい獲物なので適当に振り回すだけで画になるぞ!

攻撃力と機動力の増したインセインモードでアクション。デカいクローにデカい得物を持たせてるのでガンダムバルバトスルプスレクスっぽい見た目。関節がどこもかしこもユルユルになってしまっていて、まともにポーズを付けられなくなっていたぞ!!

最終形態ブルータルモードでアクション。トゲトゲなグラビティコントロールユニットがメチャ殺意高そう。天叢雲剣は背中に取り付けてテールブレードっぽくなるので、よりガンダムバルバトスルプスレクスっぽい感じになるぞ!!

以上、【メガミデバイス】皇巫 スサノヲのレビューでした!

それではご安全に!

【Amazon】

メガミデバイス 皇巫 スサノヲ 全高約200mm 1/1スケール プラモデル

【DMM】

【駿河屋】

プラモデル1/1 皇巫 スサノヲ 「メガミデバイス」 [KP581X]