【朗報】プレナム速報、いつの間にかアンテナサイトに登録されていた

【HGUC】サイコ・ドーガ【GUNDAM SIDE-F限定】レビュー

はい!それでは!
今回はHGUCより「サイコ・ドーガ」のレビューです!

小説「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」より、ネオ・ジオンのニュータイプ専用MS「サイコ・ドーガ」がガンプラHGUCにて登場し「GUNDAM SIDE-F」にて先行販売されましたのでレビューしたいと思います!

組み立て説明書はモノクロの物が付属します。

  • 登場作品 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン
  • 販売年  2022年12月
  • 税込価格 4,180円
icon

パッケージ・付属品

パッケージはこちら。ギラ・ドーガのランナーが丸々付属するので、箱は厚めの物になっていました。

サイコ・ドーガの後ろにα・アジールが描かれているってことは、今後ハイグレードでお出しして頂けるということでよろしいですねバンダイさん!?

シールはモノアイとバックパックのセンサー部、襟元の階級章を再現する物になります。

組み立て説明書はプレバンキットの様にモノクロで、機体解説の無い物になっていました。

付属品はビーム・アサルトライフル、ビーム・ソード・アックス×2種、シールド、ファンネル×6、右銃持ち手、左平手、シールドジョイントになります。

本キットは一般販売のHGUCギラ・ドーガが流用されているので胴体や肩、バックパックなどが余剰となります。ギラ・ドーガのランナーは丸々一式付属するので、白いギラ・ドーガ(ペインティングモデル)に組んだりも出来そうです。

シュツルム・ファウストは弾頭が色プラで赤く色分けされており、ビーム・マシンガンとレズン機の指揮官機用ビーム・ライフルの両方が付属する、コトブキヤのメガミデバイスによくある大盤振る舞いっぷりでした。

本キットは三井ショッピングパークららぽーと福岡にある「GUNDAM PARK(ガンダムパーク)」の施設の一つ、「GUNDAM SIDE-F」で先行販売されたキットになります。2022年12月に抽選販売という形で販売され、後にプレミアムバンダイやガンダムベース各店舗でも販売予定だそうです。

レビュー

こちらが完成した【HGUC】サイコ・ドーガになります。小説版「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」に登場するサイコ・フレームを採用したネオ・ジオンのNT専用MSで、パイロットはグラーブ・ガス。ベルチル内ではギュネイとヤクト・ドーガポジションの機体みたいですね。

今回立体化されたサイコ・ドーガは型式がMSN-03-2ということでCCA-MSVのα・アジールっぽいサイコ・ドーガではなく、小説版「ベルトーチカ・チルドレン」に登場するサイコ・ギラ・ドーガとも呼ばれる機体の方みたいですね。オレはその辺あんまり詳しくないからややこしいんよ!

元となったギラ・ドーガと並べて。キットでも大半がこちらの流用で、手足や腰、関節などがそのまま使用されています。

【HGUC】ギラ・ドーガ レビュー

ギュネイのヤクト・ドーガとも比較。こちらからの流用はなく、ファンネルなども別形状になっていました。

頭部をアップで。後方に突き出た特徴的な形状で、額のネオ・ジオンエンブレムは黄色いパーツで色分されています。内部のフレームパーツはギラ・ドーガと形状が似ていますが、どれも新規造形になっていました。

モノアイは可動式で、顔の前部分が簡単に取り外せるようになっていました。モノアイ周辺もディテールが細かいです。

首関節自体は逆襲のシャア系キット譲りの大きく動かせる構造なのですが、頭部のデザイン上あまり大きく上方向に向けなくなっています。

胴体をアップで。この辺りは首関節と動力パイプを流用しているくらいで、その他は全て新規造形。肩関節も引き出し式になっていました。

襟元のネオ・ジオン階級章はシールで再現します。

胴体内部には引き出し式の関節が追加されており、のけ反ったり左右に動かせるようになっていました。引き出しても変な隙間ができたりしない構造になっています。

肩アーマーにはファンネルを左右3基ずつ装備。全て取り外し可能になっています。アーマーの前後にあるバーニアはそれぞれ内部が黄色いパーツで色分されており、ファンネルの近くにある小さいアポジモーターも別パーツで再現されている気合の入りっぷりです。

腕部をアップで。この辺りは丸ごとギラ・ドーガの流用。右手には銃持ち手が、左手には平手が付属します。

左手の持ち手と平手は手の甲が一つだけなので、使いまわす必要があります。

サイコミュ兵器のファンネルをアップで。収納、展開状態がそれぞれ6個ずつ付属します。それぞれ新規造形になっており、ヤクト・ドーガではプラ棒で浮かせる仕様だったファンネルは、3ミリ軸スタンドに対応するよう改良されていました。どちらも1パーツ成型の非可動式です。

肩アーマー側のファンネル取り付け部も3ミリ軸に対応するので、アーマーとファンネルをスタンドでダイレクトにつなぐこともできます。

ヤクト・ドーガのファンネルよりも一回り大きくなっていました。作例では発射口部分が黒で塗装されているみたいですね。

バックパックをアップで。3機のテールスタビライザーが備わっており、それぞれ基部で可動するようになっています。バックパック中央のセンサー部はシールで色分します。

上部のスタビライザーは上下左右にスイング可動します。

下部のスタビライザーも上下方向にスイング可動します。

スタビライザー先端にはスラスターが造形されています。

腰回りをぐるりと。この辺りはフロントアーマー以外はギラ・ドーガの流用。フロントアーマーのダクトは黄色いパーツで色分けされ、表面には小さなモールドも増えていました。

フロントアーマーの裏側にも簡単にディティールが造形されていました。

リアアーマーにはビーム・ソード・アックスをマウントできます。

股関節もギラ・ドーガの流用のためボール軸のままですが、元が可動範囲が広めなのでそこまでポージングに不自由しない感じです。

脚部をアップで。この辺りは新規造形パーツは無く丸ごとギラ・ドーガの流用。ヒザに合わせ目がガッツリでます。足首付近のバーニア内部は黒で塗装要です。

足裏にもスラスター等のディティールが造形されていました。

アクション

ビーム・アサルトライフルとシールドを装備。

ビーム・アサルトライフルでブンドド。サイコ・ドーガ専用の明るい緑色の武装で、こちらは新規造形での立体化。グリップ部分に角型のピンがあるのでがっちり保持できます。マガジンを引き抜けたり、ストックが可動するといったギミックはありませんでした。

シールドもサイコ・ドーガ用に新規造形で立体化。表面のネオ・ジオンエンブレムは頭部同様に黄色いパーツで色分されています。シールドジョイントはギラ・ドーガの流用なので、取り付け角度を変えることができます。

シールドの裏側にはミサイルとグレネード・ランチャーが備わっています。

ビーム・ソード・アックスはギラ・ドーガの流用なので、アックス2種類とソードが付属し、グリップ部分も短長2本付属しています。

余剰パーツ扱いのビーム・マシンガンやシュツルム・ファウストなどもそのまま使用することができます。

ファンネルを射出。3ミリ軸スタンドに対応しているおかげで、浮かせてディスプレイし易いです。

変な色のジェガンとブンドド。こちらは胴体の色を変えただけのやけくそ感がありましたが、サイコ・ドーガは新規造形と流用をいい感じに混ぜ合わせているかと。

【HGUC】ジェガン(ユウ・カジマ専用機)【GUNDAM SIDE-F限定】レビュー

アムロ・レイのHi-νガンダムとブンドド。パッケージに書かれている機体解説を読んだら、サイコ・ドーガの1機目はアムロのリガズィと交戦して鹵獲されたって書かれていたでござる。

【ガンダムベース限定】RG Hi-νガンダム[チタニウムフィニッシュ] レビュー

!!?????

以上、【HGUC】サイコ・ドーガのレビューでした!

それではご安全に!

プラモデル1/144 HG MSN-03-2 サイコ・ドーガ 「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」 イベント限定

プラモデル1/144 HGUC ナイチンゲール 「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」 [2559049]